[USB充電式9V電池] Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery のデータを計測したよ💖

2021年8月17日Effects Bakery,Cheeseburger RE9V Battery,電池


👆 Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery

目次

素敵なスポンサー様💖


Amazon.co.jp ほしい物ランキング_ エレキギターパーツ で、ほしい物リストとレジストリに最も多く追加された商品
エレキギター、セミアコ、フルアコ本体|ギター|楽器、器材|楽器、手芸、コレクション 通販 - Yahoo!ショッピング
【楽天市場】勝ったら倍キャンペーン!楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナをみんなで応援しよう

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery でエコライフ!

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery は、USB充電式のリチウムイオン電池です。エフェクターで多用される006P型の9V電池として、充電をする事で繰り返し何度も使用が可能となっています。充電用の入力端子は、アダプターやPCでも充電が出来るMicro USB Micro-Bに対応です。

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery セット内容

電池駆動非対応の機種向けに、電池駆動を可能とする専用変換ケーブルも付属します。安定した9V電圧の供給に加えて、容量500mAhは充電式IMPULSEの約2.5倍相当です。エフェクターは電池に限るというプレーヤーには、大変嬉しい商品となっております。

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery 専用ケーブルによる電源供給
専用ケーブルによる電源供給

今回はCheeseburgerを活用し、ノイズや周波数特性などを計測しました。角型9Vマンガン乾電池やアダプターと比較しつつ、色々なデータを見ていきましょう。

基本データ

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery 基本データ

■角型電池(006P)

■リチウムイオン電池

■電圧:9V

■容量:500mAh

■サイズ:4.51×2.62×1.65cm(端子含まず)

引用:Effects Bakery ( エフェクツベーカリー ) Cheeseburger RE9V Battery サウンドハウス

横幅がJIS規格の上限ギリギリなので、窮屈な機種があるかもしれません。

※9V電池のJIS旧規格006Pの横幅:24.5~26.5(mm)

電圧

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery 電圧

■平均電圧:9.06V

電圧は満充電直後から電池切れ直前まで、全て9.06Vで安定していました。残量問わず電圧が同じという事は、おそらく内部で昇圧されている設計です。安定して使用できる反面、降圧が無いため体感的に電池切れが分かりにくいと思われます。突然電池切れ状態となるため、デジタルエフェクターには向かないかもしれません。(アダプター駆動時に、突然電源ケーブルを抜くのと同じ)

充電時間

充電中
充電中はLED赤

■充電時間:アダプター充電で5時間未満

充電中は赤いLEDが点灯し、満充電時になると緑色のLEDが点灯します。充電時間を計測するため、電圧がゼロになった状態で充電を開始しました。充電方法はタブレット用DC9Vアダプターと、標準のMicro USB Micro-Bケーブルです。(急速充電対応のケーブルではない)

満充電
満充電時はLED緑

何度か検証し、全て5時間未満で満充電状態となった事を確認しています。PCのUSB端子による充電の場合は、もう少し時間がかかるかもしれません。

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery ノイズ測定

ここからはバッファー内蔵エフェクターを使用し、バイパス音のノイズを計測しました。電源の違いによるノイズを調べるには、バッファードバイパスを使うのが一番です。エフェクトOFF時のバッファー信号に、どの程度ノイズが含まれているかを計測します。

» ヤマハ _ 取扱説明書 – サポート・お問い合わせ DD-100

今回計測に使用したエフェクターは、とある理由によりYAMAHA DD-100を採用です。既に廃盤の機種ですが、メーカー公式サポートページより説明書がDL出来ます。

👆 CLASSIC PRO / CP9V Mn

ノイズの比較対象として、Ibanez AC119、CLASSIC PRO CP9V Mnを用意しました。ノイズを分かりやすくするために、AIFの入力レベルをかなり上げた状態で計測です。アダプター駆動、マンガン電池駆動、本品と比較検証していきましょう。

Ibanez AC119
👆 Ibanez AC119

Ibanez AC119 ノイズレベル

YAMAHA DD-100 + Ibanez AC119

電源電圧は実測値で8.90Vで、計測対象の中で最も電圧が低くなっています。100~400Hzにかけて、ウォーンといった感じの低周波ノイズを確認です。1500~4000Hz付近でも、チリチリと火花のような雑音が時折混入します。

Ibanez AC119 ノイズレベル

CLASSIC PRO CP9V Mn ノイズレベル

YAMAHA DD-100 + CLASSIC PRO CP9V Mn

電源電圧は実測値で9.67Vとなっており、こちらは最も電圧が高いです。1000Hzに若干ノイズが混ざる程度で、ノイズ量はアダプター以下となっています。意外にも13kHz以上の超高音域に関しては、アダプター以上のノイズを計測です。ただし聴覚的にはほぼ分からない箇所なので、特に問題にならないと思われます。

CLASSIC PRO CP9V Mn ノイズレベル

Cheeseburger RE9V Battery ノイズレベル

YAMAHA DD-100 + Cheeseburger RE9V Battery

電源電圧実測値で9.06Vで、電池駆動の割には想像以上にノイズが乗る印象です。5k~8kHzの高周波に関しては、最も高いノイズレベルを計測しています。平均してマンガン以上のノイズで、アダプターよりは若干少ないといった所です。通常の角型9V電池のように、ノイズレスでクリーンな電源とまではいきませんでした。

Cheeseburger RE9V Battery ノイズレベル

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery 音色検証

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery USB端子

電源の違いは音に明確に表れるため、エフェクターのウェット音も変化します。DD-100を全て中点の設定にして、電源毎にウェット音の周波数特性を計測です。

Ibanez AC119 サウンド特性

Ibanez AC119 サウンド特性

若干ローの出方が強く、高音域は全体的に控えめとなります。

CLASSIC PRO CP9V Mn サウンド特性

CLASSIC PRO CP9V Mn サウンド特性

重低音がギュっと締まっており、音の輪郭がクッキリと明瞭です。200~800Hzのパワー感が秀逸で、検証した中では最も力強いサウンドを奏でています。

Cheeseburger RE9V Battery サウンド特性

Cheeseburger RE9V Battery サウンド特性

全体的にハイ上がりで、マンガン電池とは対照的な波形を計測です。200~800Hzがパワー不足で音の芯が弱いですが、高音域は繊細で煌びやかとなります。

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Battery 駆動時間

最後にCheeseburgerをDD-100に搭載したまま、何時間駆動出来るか調べてみました。検証にDD-100を採用した理由は、説明書に連続電池駆動時間が明記されているためです。説明書ではマンガン電池を使用して、およそ1時間駆動出来る旨が記載されています。

実際に満充電時に使用してみたところ、1時間を経過しても問題無く使用可能です。使用機材にもよるでしょうが、マンガン電池以上に長持ちするものと考えられます。

2021.08.17追記 相性の悪い機材について

昇圧型の電源につき、残念ながら相性が悪い機材も確認出来ました。取扱い店のレビュー欄でも何件か見かけますが、機材によってはノイズが鳴りっぱなりとなります。

Guyatone Clean Box PS-108
Guyatone Clean Box PS-108

確認した範囲では、GuyatoneのPS-〇〇シリーズが特に相性が悪い様子です。バイパス時でも高周波ノイズが常時鳴る上に、ノイズゲートでも処理が出来ません。

Guyatone Clean Box PS-108接続時のノイズ
Guyatone Clean Box PS-108接続時のノイズ

……ちなみにGuyatone PS-108に接続すると、倍音豊かなノイズという奇妙なデータが計測出来ました。全ての機材に問題無く使用出来る訳ではないため、その点を踏まえた上でご検討下さい。

🏃💨今すぐEffects Bakery Cheeseburger RE9V Batteryを見物する💖

👑「他の検証記事も見せて💖」