【ギタリストの疑問】ギターピックアップはポールピース無しでどれくらい音が変わるの?【ハムバッカー編】

2024年4月9日ギター,ピックアップ,ハムバッカー,改造指南,素朴な疑問,アジャスタブル・ポールピース,音質改善,ポールピース

当サイトはアフィリエイトプログラム等による広告収益を得ています!詳しくは掲載されている広告へ!

Audible (オーディブル) 会員登録 _ Amazon.co.jp
【ギタリストの疑問】ギターピックアップはポールピース無しでどれくらい音が変わるの?【ハムバッカー編】 /トップ

👆 ギターピックアップ ポールピース無し (Duncan Designed HB-103B)

目次

本日もギタいじへようこそ!ハジメマシテな君は『コチラ』も見てね!

👑散財は美徳!今が旬のギターピックアップランキング!!

ギターピックアップ 売れ筋人気ランキング|サウンドハウス
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング_ エレキギターピックアップ の中で最も人気のある商品です
ピックアップのおすすめ人気ランキング - Yahoo!ショッピング
【楽天市場】ピックアップ _ 人気ランキング1位~(売れ筋商品) - 週間ランキング
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Seymour Duncan SLUG [セイモアダンカン][ピックアップ][国…
価格:24,200円(税込、送料無料) (2024/4/9時点)


ギターピックアップをポールピース無しで使った音が気になる!

近頃はあまり時間が確保できないため、ギターに関する素朴な疑問を解決していきます。ハムバッカーやP-90型などは、アジャスタブル・ポールピースを採用する事が多いです。

ギターピックアップ ポールピース 6本 その1
👆 アジャスタブル・ポールピース用鉄ネジ

いずれも鉄製ネジを使用した機種が多く、ポールピース単体では磁力がありません。ネジが内部や背面のマグネットに接触する事で磁力を帯び、正常な磁界を形成します。

ギターピックアップ ポールピース 6本 その2

またアジャスタブルの名の通り、ネジの高さで出力や音色の微調整が可能です。指板のRやピッキングのクセに合わせて出力を調整する場合、優れた効果を発揮します。

基本的に弦とポールピースが近い程出力が高く、遠くなると出力が弱まる傾向です。

では逆に、ポールピース無しの状態ではどれほどサウンドに変化があるのでしょうか。そこで今回はハムバッカーを使い、6本のアジャスタブル・ポールピースを外してみました。

ギターピックアップポールピース無しの実験台ハムバッカーはDuncan Designed HB-103B!

検証に使ったのは安上がりな所で、Duncan Designed HB-103Bをチョイスしています。

ギターピックアップ ハムバッカー Duncan Designed HB-103B

HB-103BはSH-6bの廉価版に該当し、ジャキジャキにトレブリーなサウンドが特徴です。

ギターピックアップ ハムバッカー Duncan Designed HB-103B 裏面

出力は高めでミッド~ハイが出やすく、ハイゲインでもアタック感が保てます。

ギターピックアップ ハムバッカー Duncan Designed HB-103B コイルタップ時動作

コイルタップにも対応しており、タップ時は標準でロゴ側が出力される仕様です。

ギターピックアップ ハムバッカー Duncan Designed HB-103B 直流抵抗値
直流抵抗値は約17.46kΩ

せっかくなのでハムサウンドとシングルサウンド、両面で音の変化を調べていきます。

本家SH-6のデータはこちら

ギターピックアップポールピース有りor無し 倍音特性の変化

ギターピックアップポールピース有りor無し 倍音特性の変化

倍音は周波数が分かりやすいように、5弦開放弦のスペクトラムを採用しました。計測にはギターアンプを使用せず、DIからインターフェースに直結です。

1.コイルタップ ポールピース有り

ギターピックアップ コイルタップ ポールピース有り 倍音特性の変化

倍音量はSH-6bよりも控えめですが、偶数次と奇数次倍音のバランスが整っています。基音~第2、第2~第3、第3~第4倍音間のみ、鋭い非整数倍音が発生です。コイルタップでも出力が高いため、アタック感の強さが反映されています。

2.コイルタップ ポールピース無し

ギターピックアップ コイルタップ ポールピース無し 倍音特性の変化

ポールピース無しの場合、全体的に倍音量が激減している事が一目瞭然です。ただし倍音は偶数次寄りに変化しており、第2、第6倍音の主張が強くなっています。倍音的な響きが全く味わえない反面、音自体はナチュラルに丸みがある印象です。

ギターピックアップ コイルタップ ポールピース無し 倍音特性の変化 非整数倍音

その他大きな違いとして、基音~第2倍音間のみ大きな非整数倍音が発生しています。基音付近のアタック音は、ポールピース無しでも拾いやすいのかもしれません。

3.ハムバッカー ポールピース有り

ギターピックアップ ハムバッカー ポールピース有り 倍音特性の変化

続いてHB-103Bのハムバッカーサウンドですが、こちらも倍音量は多く無いです。倍音のバランスもタップ時と大差無く、アタックの非整数倍音が広域に発生しています。第8倍音付近まで非整数倍音が確認出来ますが、非整数倍音の音量自体は小さめです。ハムバッカーの丸みを帯びたアタック音を、そのまま体現していると言えるでしょう。

4.ハムバッカー ポールピース無し

ギターピックアップ ハムバッカー ポールピース無し 倍音特性の変化

コイルタップ時と比較すると、ポールピースの有無による倍音の差が大きくありません。倍音量は同程度で、バランス感に関してはポールピース無しの方が良好に思えます。特に第6倍音が増幅し第7倍音が減衰しているため、中音域に温かみを感じる響きですね。アタック音の非整数倍音は基音~第4倍音付近と半減し、音量も控えめに変化しています。

倍音特性波形の周波数目安

左端から2番目の山(中央灰色線)が基音110Hz
偶数次倍音:第2倍音(220Hz)、第4倍音(440Hz)、第6倍音(660Hz)……
→ナチュラルで暖かな傾向の響き、多いほど親しみを感じやすいという研究結果も
奇数次倍音:第3倍音(330Hz)、第5倍音(550Hz)、第7倍音(770Hz)……
→金属的で冷たくメカニカルな傾向の響き
非整数倍音:各倍音の谷などに含まれるが音程を感じさせない

ギターピックアップポールピース有りor無し 周波数特性の変化

ギターピックアップポールピース有りor無し 周波数特性の変化

周波数特性は同一フレーズを繰り返し、平均的スペクトラムを割り出しました。

a.コイルタップ ポールピース有り

ギターピックアップ コイルタップ ポールピース有り 周波数特性の変化

出力の弱い帯域が存在せず、中~高音域の伸びが非常に良い波形を計測です。中音域は300~800Hzまで満遍なく高く、芯の強いサウンドを体感出来ます。1kHz以降は超高音域に至るまで伸びすぎる程で、文字通りジャキジャキの音ですね。

b.コイルタップ ポールピース無し

ギターピックアップ コイルタップ ポールピース無し 周波数特性の変化
-10dB

ポールピースを外すと音量低下が顕著となり、平均して-10dBも出力が低下しています。配線を間違えたのかと思う程に音量が低いため、出力を+10dB補正してみました。補正後の波形でも全帯域に周波数特性が減衰したままで、音の線が細くて弱々しいです。

ギターピックアップ コイルタップ ポールピース無し 補正 周波数特性の変化
±0dBに補正

400Hz以下が特に激減しているので音に迫力が無く、高音域も大人しく変化しています。それでも標準よりは高音域が伸びるからか、シャリシャリした独特の音色を再現です。ギターらしくないトーンですが、大正琴的なチャリンとした音を作れるかもしれません。

c.ハムバッカー ポールピース有り

ギターピックアップ ハムバッカー ポールピース有り 周波数特性の変化

ハムバッカーではコイルタップの波形から、高音域の山を削ったような形状となります。1k~6kHz付近が圧縮された波形となっており、音の芯が高音に埋もれにくい傾向です。ところが6k~11kHz付近で盛り返すため、プレゼンスの攻撃力が高くなっています。安定した低~中音域に程よい高音、そしてド派手な超高音域がクリアな音を後押しです。

d.ハムバッカー ポールピース無し

ギターピックアップ ハムバッカー ポールピース無し 周波数特性の変化
-1dB

ポールピース無しでも出力低下は僅か1dB程度で、ポールピース無しのコイルタップ程の音量差がありません。けれども大幅に歪みにくくなっており、ディストーション感が薄れています。200Hz以下はシングルコイル相当になるなど、低音域の主張が控えめに変化です。400~1kHz付近はほとんど差が無く、1kHz以降は大幅に特性が向上しています。

ギターピックアップ ハムバッカー ポールピース無し 補正 周波数特性の変化
±0dBに補正(ほぼ変化無し)

高音域の特性は、ポールピース有りのコイルタップとハムバッカーの中間程度ですね。深く歪まないためハードロックには不向きですが、クランチとは好相性となっています。シングルともハムともP-90とも異なるサウンドで、想像以上にインパクトが強いです。倍音のバランス感と合わせて、ローゲインハムとして相当使えるサウンドに思えます。

波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz
橙線:400Hz,800Hz
桃線:2kHz,3kHz,6kHz

ギターピックアップポールピース有りor無し サスティーンの変化

ギターピックアップポールピース有りor無し サスティーンの変化

サスティーンはシンプルに、開放弦Eコードを1ストローク鳴らして計測です。ポールピース有りを基準となる0とし、交換後に±何%音が伸びたかを掲載しています。計測したデータを元に、平均%、最小%、最大%の3通りのデータを算出しました。

コイルタップ ポールピース無し

ギターピックアップ ハムバッカー ポールピース無し 周波数特性の変化

平均%:-41.5%

最小%:-48.3%

最大%:-38.9%

コイルタップ時は出力が-10dBも低下しているため、当然ながら音伸びも激減です。ポールピースが無い場合、サスティーンは4~5割程度減少すると考えて良いでしょう。

ハムバッカー ポールピース無し

平均%:-8.5%

最小%:-12.6%

最大%:-11.1%

出力は-1dB程度の低下でしたが、サスティーンは1割程度低下する傾向となっています。コイルタップ時程ではないものの、やはり体感的には『あと一歩伸びない』感覚ですね。カッティング特化のセッティングなど、使い道を絞れば上手くハマるかもしれません。

ギターピックアップポールピース有りor無し 音質変化 まとめ

これらの結果から、アジャスト側をタップする際はポールピースが不可欠と分かります。倍音量の減少、出力と周波数特性の低下、音伸びの悪化など基本性能はガタ落ちです。

ギターピックアップポールピース有りor無し 音質変化 まとめ1

ギターらしくない音色に変化するため、標準的な仕様では使いにくいと思われます。大正琴的な音と評した通り、変化球な音を狙う場合など活用法が限定的です。

ギターピックアップポールピース有りor無し 音質変化 まとめ2
ポールピース有り

対してハムバッカーでは、音色やゲインを調整する手段として十分活用出来ます。ポールピースの数は半分となりますが、出力の低下はそこまで大きくはありません。それでいて周波数が高音寄りにシフトするなど、HB-103Bでは面白い変化を確認です。

ギターピックアップポールピース有りor無し 音質変化 まとめ3
ポールピース無し

ローゲインなFENDER系アンプと相性が良く、心地良いクランチトーンを奏でてくれます。元がハイゲイン型とは思えない程に音が変化するため、暇なら試す価値はありそうです。

ギターピックアップポールピース有りor無し 音質変化 まとめ4

勿論全てのハムバッカーで共通の結果は得られないので、効果は様々だと思います。使い道の無いピックアップの活路の一つとして、ポールピース抜きをお試し下さい!

補足

今回の磁界の変化を応用したモデルが、ダンカンのSH-12(ジョージ・リンチシグネチャー)やSLSD-1です。

🏃💨俺は普通にポールピース有りのギター用ピックアップランキングが気になる🎸


激安ポールピースネジ

ギターに関する素朴な疑問リンク集

管理人SNS

使い古した電源タップのコードの検証は面白かったかな?この記事が参考になった人は、ぜひギタいじ管理人のXアカウントもフォローしてね!

ギタいじサポーター募集中!

詳しいサポート方法については別記事にて!