【Alnico II Pro HB】Seymour Duncan APH-1レビュー!APH-2とどのくらい音が違うの?【ダンカン解析】

2024年1月21日ハムバッカー,アルニコ2,Seymour Duncan,Alnico II Pro,APH-1,Alnico II Pro HB,Classic Humbucker Pickups,ピックアップ

当サイトはアフィリエイトプログラム等による広告収益を得ています!詳しくは掲載されている広告へ!


【Alnico II Pro HB】Seymour Duncan APH-1レビュー!APH-2とどのくらい音が違うの?【ダンカン解析】 / TOP

👆 Seymour Duncan APH-1 Alnico II Pro HB の音質を解析&レビュー!

目次

本日もギタいじへようこそ!ハジメマシテな君は『コチラ』も見てね!

記事一覧はサイトマップへGO!

👑最新ギターピックアップランキング

ギターピックアップ 売れ筋人気ランキング|サウンドハウス
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング_ エレキギターピックアップ の中で最も人気のある商品です
ピックアップのおすすめ人気ランキング - Yahoo!ショッピング
【楽天市場】ピックアップ _ 人気ランキング1位~(売れ筋商品) - 週間ランキング
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【即納可能】 ESP レオン (Orange)[04 Limited Sazab…
価格:748,000円(税込、送料無料) (2023/4/25時点)

Seymour Duncan APH-1 Alnico II Pro HB スラッシュ愛用のアルニコ2ハムバッカー!

今回は Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) より、APH-1 Alnico II Pro HB の音質を解析です。APH-1 Alnico II Pro HBはヴィンテージ出力のコイルをベースとし、アルニコ2バーマグネットを搭載しています。磁力が控えめのアルニコ2マグネットがストリングプルを低減させ、ナチュラルに広がるサスティーンを実現です。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1 Alnico II Pro HB 通販|サウンドハウス

SH-1 (’59 model) よりもアタックと高音がマイルドですが、ピックアタックへの反応は従順に設計されています。深く歪ませるとキメが細かいドライブを作成しやすく、ブルースやクラシックロックに最適なハムバッカーです。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1 Alnico II Pro HB スラッシュ愛用のアルニコ2ハムバッカー!

Guns N’ RosesAppetite for Destructionのレコーディングにて、かのスラッシュ氏はAPH-1を搭載したDerrig ’59を抜擢します。そして本盤のレコーディングで大成功を収めて以降、ほぼ全てのレコーディングでAPH-1搭載Derrig ’59を使用してきたのです。シグネチャーモデルのAPH-2と同じく、氏のファンにとっては非常に馴染み深いピックアップであると言えます。

APH-1 Alnico II Pro HB はトレムバッカー完備!

バリエーションはブリッジ用APH-1bネック用APH-1nに加え、ブリッジ用はトレムバッカーのTB-APH1bを選択可能です。ワイヤーはバリエーションを問わず4芯仕様となっていあるため、標準でコイルタップ配線に対応します。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1 Alnico II Pro HB 通販|サウンドハウス

ボトムプレートはロングレッグ仕様のニッケルシルバー製が使用されており、仕上げに真空ワックスポッティングを実施です。ボビントップはロゴ無しのシンプルなデザインで、4芯ワイヤー以外はヴィンテージ系のルックスとなります。

👆 TB-APH1b Alnico II Pro Trembucker Black

なおTB-APH1bは弦間が0.414インチにつき、フロイドローズ搭載機やフェンダーピッチのギターにはこちらを推奨です。

APH-1とAPH-2はどれほど音に違いがあるのか知りたい!

Alnico II Proシリーズの使用を検討しているプレーヤーにとって、気になるのがAPH-1とAPH-2の音質面の違いだと思います。トーンチャート上ではAPH-1よりもAPH-2の中音特性が+1となっており、出力もAPH-2の方が数%ブーストされた設計です。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1 Alnico II Pro HB 通販|サウンドハウス

いずれもスラッシュ氏と縁のあるハムバッカーにつき、どちらを選べば良いのか悩みどころとなっています。そこで本記事ではAPH-1nとAPH-2nのサウンドを同一条件で解析し、両モデルの倍音特性や周波数特性を比較してみました。スラッシュサウンドの再現を目指している方など、Alnico II Proシリーズ導入前の参考になれば幸いです。

比較対象となるAPH-2 Alnico II Pro Slashの解析記事はコチラ!

公表データの確認:Seymour Duncan APH-1 Alnico II Pro HB

公表データの確認:Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1 Alnico II Pro HB _ SEYMOUR DUNCAN 通販|サウンドハウス

ブランド:Seymour Duncan ( セイモア・ダンカン )

モデル:Alnico II Pro HB ( Classic Humbucker Pickups )

型番:APH-1b (Bridge) / APH-1n (Neck) / TB-APH1b (Trembucker)

マグネット:アルニコ2 ( Alnico II Bar )

アウトプットタイプ:Vintage

ワイヤー:4c Shielded


APH-1b (Bridge)

直流抵抗値:8.40kΩ

出 力:6.4

トーンチャート:低音域 7 / 中音域 4 / 高音域 8

レゾナントピーク:6.70kHz


APH-1n (Neck)

直流抵抗値:7.50kΩ

出 力:5.9

トーンチャート:低音域 7 / 中音域 4 / 高音域 8

レゾナントピーク:6.40kHz


TB-APH1b (Trembucker)

直流抵抗値:8.80kΩ

出 力:6.4

トーンチャート:低音域 7 / 中音域 4 / 高音域 8

レゾナントピーク:6.70kHz

ヤスイイね _ 日用品・食品セール _ Amazon

APH-1 Alnico II Pro HBの倍音特性 (D3/146.832Hz)

まずはクリーンセッティングのアンプを通して、APH-1 Alnico II Pro HBのD3倍音(4弦開放)を解析です。

APH-1はアルニコ2搭載ピックアップらしく、全体的に非整数倍音が控えめに計測されています。特に中音から高音にかけて非整数倍音が極めて少ないため、音の分離の良さと滑らかさが際立つサウンドです。対照的に基音以下は非整数倍音が気持ち多めに計測されており、独特のとろけるような重みを内包しています。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1n Alnico II Pro HB 倍音特性 (D3/146.832Hz) 波形
APH-1n 倍音特性 (D3/146.832Hz)

公式では『バターが溶けるような』と表現されていますが、まさにそういった固体と液体の中間的な暖かみのある低音です。倍音が計測される帯域は広くないものの、基音から高次倍音にかけて出力が緩やかに減衰していきます。故にコンプレッション感がそれほどなく、アタックコントロールが容易です。アーティキュレーションを意識したプレイなど、弾き手の力量と個性を発揮しやすい倍音特性だと言えるでしょう。

APH-2の倍音特性 (D3/146.832Hz)

APH-2は出力が強化されているからか、中高音以降の倍音出力が高い値を計測しています。高次倍音が計測されている帯域も広く、APH-1より中高音~高音が細やかで派手な印象を抱くはずです。非整数倍音はAPH-1とは真逆の傾向となっており、基音以下の非整数倍音が控えめとなっています。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-2n 倍音特性 (D3/146.832Hz) 波形
APH-2n 倍音特性 (D3/146.832Hz)

一方中高音以降は非整数倍音が多めで、基音や低次倍音間の谷間には鋭く尖った非整数倍音の山が発生です。更に中音~中高音にかけて突発的に出力の高い倍音が混ざるなど、体感的なバイト感はAPH-1以上となります。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-2n 倍音特性 (D3/146.832Hz) 波形 非整数倍音 拡大

中高音以降の派手な倍音と鋭く尖った非整数倍音の山、そこにバイト感が加わることでAPH-1よりもワイルドな響きを構築です。高次倍音は出力が揃い気味となるため、高音から超高音にかけてやんわりとコンプレッションが効いています。

倍音特性波形の周波数目安

灰色の線が基音(D3)の146.832Hz
偶数次倍音:第2倍音(293.664Hz)、第4倍音(587.328Hz)……
→ナチュラルで暖かな傾向の響き、多いほど親しみを感じやすいという研究結果も
奇数次倍音:第3倍音(440.496Hz)、第5倍音(734.16Hz)……
→金属的で冷たくメカニカルな傾向の響き
非整数倍音:各倍音の谷などに含まれるが音程を感じさせない

APH-1 Alnico II Pro HBのクリーン周波数特性

続いて倍音計測と同じセッティングを保ったまま、APH-1 Alnico II Pro HBの周波数特性を解析です。APH-1とAPH-2は中音のトーンチャートが異なりますが、実際には低音と高音の違いの方が大きく計測されています。APH-1は倍音特性を反映し、やや粘度のある広がり方をするローエンドを形成です。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1n Alnico II Pro HB クリーン音質 周波数特性 波形
APH-1n クリーン周波数特性

高音は僅かにAPH-2よりも大人しく、あえて明暗で分けるのであれば『暗寄りのトーン』を奏でます。勿論APH-2と比較するのであればという条件付きの話で、通常のハムバッカーと比較した場合は高音がほどよく伸びる銘柄です。両モデルは中音に大きな差がないものの、APH-1の方は700~2kHzにかけての中高音が多少引っ込み気味となります。

APH-2のクリーン周波数特性

APH-1とAPH-2は幾分出力に差があるため、APH-2の出力が同等になるようにマスターを絞って調整したのが下記波形です。出力を揃えると波形の大まかな形状が一致する通り、両モデルは再生可能な周波数帯域に極端な差がありません。強いて挙げるとすれば、APH-1とは低音と高音の優劣関係が逆転している程度の違いとなります。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-2n クリーン音質 周波数特性 波形
APH-2n クリーン周波数特性

APH-2はそれほど粘度がなく引き締まった低音に、軽やかに切り込める高音が『明寄りのトーン』です。ただしAPH-2は高次倍音のコンプ感が影響し、高音は適度に角が均された甘やかな響きとなっています。このようにAPH-1とAPH-2のクリーンは再生可能な帯域よりも、倍音特性が与える影響が大きいと考えて良いでしょう。

各波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz 
橙線:400Hz,800Hz 
桃線:2kHz,3kHz,6kHz

APH-1 Alnico II Pro HBのオーバードライブ周波数特性

最後にアンプのゲインを上げた、オーバードライブ時の周波数特性を確認です。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1n Alnico II Pro HB オーバードライブ音質 周波数特性 波形
APH-1n オーバードライブ周波数特性

APH-1は出力と抵抗値がAPH-2より低いこともあり、同一のゲイン設定ではどうしても歪みが薄くなります。APH-2ならゲイン8~9で再現可能な歪みも、APH-1の場合はゲインを10まで上げてようやく同程度に歪む感覚です。しかし再生可能な周波数帯域は依然として大きな差がなく、ほとんど同じトーンのままドライブ感だけが抑えられています。

APH-2のオーバードライブ周波数特性

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-2n オーバードライブ音質 周波数特性 波形
APH-2n オーバードライブ周波数特性

トーンの近似性はAPH-2の波形を見比べると一目瞭然で、クリーンの時以上に周波数特性の差が小さいです。違いはゲインのみと言っても差し支えなく、APH-2は公式が謳う通りAPH-1を若干ブーストした音を再現しています。

各波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz 
橙線:400Hz,800Hz 
桃線:2kHz,3kHz,6kHz

APH-1とAPH-2のオーバードライブ倍音特性 (D3/146.832Hz)

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1n Alnico II Pro HB オーバードライブ 倍音特性 (D3/146.832Hz) 波形
APH-1n オーバードライブ 倍音特性

周波数特性だけではゲインの違いが分かりにくいため、各モデルを歪ませた状態で倍音特性を確認です。APH-1は歪ませても基音以降の周波数帯域の非整数倍音が少ない上に、クリーン時と同じく緩やかな倍音出力の減衰を保っています。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-2n オーバードライブ 倍音特性 (D3/146.832Hz) 波形
APH-2n オーバードライブ 倍音特性

APH-2は基音や倍音の山のふもとが幅広い形状に変化し、倍音と倍音間の非整数倍音も大幅に増幅です。倍音の山の頂点もAPH-1より高い箇所が多いなど、アンプの設定が共通の場合はAPH-2の方が深く歪みやすいことが分かります。

出力をAPH-1に揃えるのではなく『ゲインをAPH-2に揃える』と……?
管理人

APH-1は基音や倍音のふもとがスリムなのでゲインを上げてもAPH-2よりも歪みが細やか!

あえてAPH-1とハイゲインアンプでオーバードライブを作るプレーヤーが多いのも頷けるね!

Seymour Duncan APH-1 Alnico II Pro HB 音質解析 まとめ

ヴィンテージ出力らしさを感じる滑らかな高音と、柔らかく暖かな低音が甘美なアルニコ2ハムバッカーです。ナチュラルに伸びるサスティーンも心地良く、ハイゲインアンプに繋いだ際のシルキーな歪みが中毒性大となっています。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) APH-1 Alnico II Pro HB 音質解析&レビュー まとめ

メイプルやエボニーなど輪郭のクッキリする指板材や、チタンパーツ等でブライトにチューニングされたギターと相性が抜群です。APH-2と同等のトーンレンジを備えつつ、よりローゲインかつ整然とした倍音が良好なピッキングレスポンスを後押ししてくれます!

お友達にもギタいじを広めてね!

🏃💨今すぐ Seymour Duncan APH-1 Alnico II Pro HB でスラッシュを目指す🎸


APH-1b Alnico II Pro HB (Bridge)

APH-1n Alnico II Pro HB (Neck)

TB-APH1b Alnico II Pro HB (Trembucker)

Seymour Duncan ピックアップ 関連記事

管理人SNS

気まぐれで記事を告知したり記事への反応をRTしているよ!

🧠「他の記事も読んで脳汁出していってね💖」

激安ピックアップ _ ギターいじリストのおうち

» 激安ギターピックアップ調査 関連記事一覧

激安過ぎてむしろ不安になる奇妙なルックスのピックアップが大集合!

音質改善 _ ギターいじリストのおうち

» エレキギター 音質改善情報 関連記事一覧

パーツ交換やちょっとしたテクニックで愛機の音質を改善しよう!

エレキギター _ ギターいじリストのおうち

» 世界一詳しいエレキギター レビュー 紹介機種一覧

一体どの層に需要があるのか!?どこよりも詳しい圧倒的情報力と分析力で綴る世界一詳しいギターレビュー!

安ギター に音質の悪い部品だけを使うとどうなるの?[最低音質改造]

» 安ギター に音質の悪い部品だけを使うとどうなるの?[最低音質改造]

ギターの音を良くする改造なんて平凡過ぎる発想はもう時代遅れ!?