【感度上昇】Seymour Duncan SP90-2 Hot P90 はどのくらいSP90-3と音が違うのか検証【ダンカンレビュー】

2024年1月3日ピックアップ,Seymour Duncan,P-90,Soapbar,セラミック,High Output P90 Pickups,SP90-2,SP90-2b,SP90-2n,Hot P90

当サイトはアフィリエイトプログラム等による広告収益を得ています!詳しくは掲載されている広告へ!


【感度上昇】Seymour Duncan SP90-2 Hot P90 はどのくらいSP90-3と音が違うのか検証【ダンカンレビュー】 / TOP

👆 Seymour Duncan SP90-2 Hot P90 弦振動に対する感度を上昇させた音質を解析&レビュー!

目次

本日もギタいじへようこそ!ハジメマシテな君は『コチラ』も見てね!

記事一覧はサイトマップへGO!

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) ギターピックアップ音質解析 _ ギターいじリストのおうち

» 【全80種以上】Seymour Duncan ピックアップ 音質解析 一覧

当ブログでは80種以上のダンカン製PUを解析済み!キミの求めている音もきっと見つかるよ!!

👑ギターピックアップランキング

ギターピックアップ 売れ筋人気ランキング|サウンドハウス
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング_ エレキギターピックアップ の中で最も人気のある商品です
ピックアップのおすすめ人気ランキング - Yahoo!ショッピング
【楽天市場】ピックアップ _ 人気ランキング1位~(売れ筋商品) - 週間ランキング
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Seymour Duncan SP90-2Hot [セイモアダンカン][ピックア…
価格:14,300円(税込、送料無料) (2024/1/3時点)


Seymour Duncan SP90-2 Hot P90 感度上昇系ハイアウトプットな音をSP90-3と比較検証!

今回は Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) より、SP90-2 Hot P90 の音質を解析です。SP90-2 Hot P90は伝統的P90タイプのサイズを保ちつつ、より高い出力を実現したハイアウトプットモデルとなっています。

Amazon.co.jp_ SeymourDuncan PU セイモアダンカン ピックアップ SP90-2b IV-Hot 【国内正規品】 _ 楽器・音響機器

ダンカン製P90タイプ最強と謳われるSP90-3に匹敵する出力に、SP90-1よりもパワフルなミッドレンジが特徴です。とりわけハイミッドが重点的に強化されているため、音抜けの良いファットなリードトーンを演出してくれます。

SP90-2 Hot P90は弦振動に対する感度を上昇!

SP90-3が巨大なセラミックマグネットで出力を強化しているのに対し、SP90-2は小型のセラミックマグネットを2本搭載です。更に従来のP90タイプより大幅に巻き数を増やした、特性コイルターンを採用しています。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) SP90-2 Hot P90 弦振動に対する感度を上昇

これら2つの要素が備わり、弦振動に対する感度を上昇させることに成功です。弦振動の感度上昇が強力な出力と豊かなサスティーンを生み出し、輪郭の明瞭なハイミッドを際立たせてくれます。

SP90-2 Hot P90のバリエーションはブリッジ&ネック用!

ダンカン製P90タイプの例に漏ず、SP90-2もバリエーションは最小限です。

選択肢はブリッジ用SP90-2bネック用SP90-2nのみで、カラーもブラックとアイヴォリーの2種となります。

ですがSP90-2nは逆巻き逆磁極仕様となるため、SP90-2bとセットで使用することでミックス時にハムキャンセルが可能です。1芯網シールドワイヤーの採用や真空ワックスポッティングなど、P90タイプでは伝統的な仕様も遵守されています。

管理人

他のP90タイプ同様にダンカンのサンタバーバラ工場でハンドメイドされているよ!

SP90-2 Hot P90の『低さ』に注目!

その他特筆すべき要素として、ダンカン製P90タイプでは最も背が低い設計です。SP90-1がベースプレート底面からポールピース先端まで約22mmあるのに対し、SP90-2は約17.9mmとなっています。ピックアップ高の調整幅に余裕があり、高出力でありながら出力の微調整に対応です。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) SP90-2 Hot P90 通販|サウンドハウス

故にSP90-2で揃えた起用法に加え、SP90-2bとSP90-1nの組み合わせも公式に推奨されています。ヴィンテージ系と共存出来る適応力の高さは、音作りの可能性を大きく広げてくれることでしょう。

SP90-2とSP90-3、どちらを選べば良いの?

ここで気になるのが、ほぼ同等の出力と性能を持つSP90-3の存在です。両モデルはマグネットサイズが異なるものの、いずれもハイアウトプット型でミッドレンジが強化されています。公式発表の出力を比較するとSP90-2nよりもSP90-3bが0.1、SP90-2nよりもSP90-3nが0.2上回るのみと僅差です。

トーンチャートも僅かな差しかなく、カタログの情報は似たり寄ったりの紹介文となっています。この辺はテレキャス用STL-2STL-3の関係と同じで、いささか不親切さが否めません。ユーザー視点としては、もう少しどのような差があるのか詳しい情報が欲しい所ですね。

管理人

そこで本記事ではSP90-2nの音質データを解析し、SP90-3nと比較検証を行います!

倍音特性やゲインによる周波数特性の違いなど、購入の参考になれば幸いです!

比較対象となるSP90-3 Custom P90のデータはコチラでチェック!

公表データの確認:Seymour Duncan SP90-2 Hot P90

公表データの確認:Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) SP90-2 Hot P90 _ SEYMOUR DUNCAN 通販|サウンドハウス

公表データの確認:Seymour Duncan SP90-2 Hot P90

ブランド:Seymour Duncan ( セイモア・ダンカン )

モデル:Hot P90 ( High Output P90 Pickups )

型番:SP90-2b (Bridge) / SP90-2n (Neck)

マグネット:セラミック (Small Ceramic)

アウトプットタイプ:High

ワイヤー:1c Braided Shield


SP90-2b (Bridge)

直流抵抗値:15.0kΩ

出 力:7.1

トーンチャート:低音域 6 / 中音域 6 / 高音域 5

レゾナントピーク:4.7kHz


SP90-2n (Neck)

直流抵抗値:12.0kΩ

出 力:6.6

トーンチャート:低音域 6 / 中音域 6 / 高音域 5

レゾナントピーク:5.1kHz

SP90-2 Hot P90の倍音特性 (D3/146.832Hz)

まずはクリーンセッティングのアンプを使い、SP90-2n Hot P90のD3倍音(4弦開放)を解析します。

SP90-2nは中音の倍音が良く出ており、1.5kHz付近までネック用としては高い値を計測です。低次倍音の出力がSP90-3nよりも高く、尚且つ非整数倍音も控えめとなっています。出力の高さから基音は波形の山のすそ幅が広いですが、第2倍音以降はすそ幅がスリムに変化です。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) SP90-2n Hot P90 倍音特性 (D3/146.832Hz) 波形
SP90-2n 倍音特性 (D3/146.832Hz)

そのためクッキリと基音を主張しながらも、濁りの少ないクリアな倍音を響かせてくれます。倍音の出力だけでなく倍音が計測される帯域も広い(横軸)ため、弦振動に対する感度の良さを裏付ける結果となりました。基音および各倍音間の出力は適度に揃っておらず、コンプレッションよりもダイナミクスを活かせる倍音特性です。

SP90-3 Custom P90の倍音特性 (D3/146.832Hz)

SP90-2nの倍音特性と比較すると、400~2kHz前後の低次倍音に大きな差があることが分かります。SP90-3nも低次倍音の出力は決して低くはないのですが、SP90-2nの低次倍音は基音に迫るほどの出力です。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) P90-3n Custom P90 倍音特性 (D3/146.832Hz) 波形
SP90-3n 倍音特性 (D3/146.832Hz)

特に700Hz以降の出力差が顕著で、公式の謳う『はっきりしたハイミッド』を物語っています。対照的に基音と第2倍音の山のすそ幅はSP90-3nが圧倒し、SP90-2n以上にアタック感が強烈です。

倍音特性波形の周波数目安

低音側を例にすると灰色の線が基音(D3)の146.832Hz
偶数次倍音:第2倍音(293.664Hz)、第4倍音(587.328Hz)……
→ナチュラルで暖かな傾向の響き、多いほど親しみを感じやすいという研究結果も
奇数次倍音:第3倍音(440.496Hz)、第5倍音(734.16Hz)……
→金属的で冷たくメカニカルな傾向の響き
非整数倍音:各倍音の谷などに含まれるが音程を感じさせない
管理人

SP90-2はパワーとクリアな倍音の合わせ技!

SP90-3はパワーとアタックを追求したマッチョタイプ!

SP90-2 Hot P90のクリーン周波数特性

続いて倍音計測時のセッティングを保ったまま、クリーンの周波数特性を調べていきます。

トーンチャートの似通った両モデルですが、周波数特性の解析結果も大きな差がありません。300Hzを中心にパワフルなローエンドを構築し、中音~高音にかけてなだらかな坂状の波形を形成です。ローエンドやレンジの広さ(横軸の範囲)はほぼ同等で、中高音と超高音に若干の違いがあるのみとなっています。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) SP90-2n Hot P90 クリーン音質 周波数特性 波形
SP90-2n クリーン 周波数特性

SP90-2nは400~1kHzにかけてやや高めの値を計測しており、倍音特性譲りのはっきりしたハイミッドです。中高音がグっと抜けてくる感覚が強く、該当帯域の音抜けの良さを裏付けています。エレキギターにとって最も美味しい帯域が前に出るため、切り込むような太さがクセになるトーンです。

SP90-3 Custom P90のクリーン周波数特性

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) P90-3n Custom P90 クリーン音質 周波数特性 波形
SP90-3n クリーン 周波数特性

SP90-3nは3kHz以降の高音がSP90-2n以上の値を計測するものの、3k~6kHzまではほんの少し上回る程度に留まります。8kHz以降の超高音でようやくその差が浮き彫りとなり、エッジの鋭さやサスティーンの煌めきを後押しです。中高音が目立つ分だけSP90-2nのほうが明るく聞こえますが、音の余韻に関してはSP90-3nの方が鮮明に聞こえるかもしれません。

SP90-2は中音6というよりも中高音6、SP90-3は高音6というよりも超高音6だね!

SP90-2 Hot P90のオーバードライブ周波数特性

最後にアンプのゲインを大幅に上げた、オーバードライブ時の周波数特性を比較します。

歪みが深くなると両モデルに音質の差がほとんど感じられず、かなり似通ったサウンドです。一応クリーン時と同じく中高音と超高音に違いがあるとはいえ、ブラインドテストで聞き分けるのは難しいと思われます。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) SP90-2n Hot P90 オーバードライブ音質 周波数特性 波形
SP90-2n オーバードライブ 周波数特性

SP90-2nは350~800Hz前後に力感があるため、低音と中音の一体感が得られるのが利点です。ローエンドの波形は差が無いに等しく、中音が強い分だけSP90-2nの方がどっしりとした安定感を抱きます。

SP90-3 Custom P90のオーバードライブ周波数特性

SP90-3nは350~800Hz前後が一歩及ばず、2kHz以降の値はほぼ全域でSP90-2n以上の値を記録です。クリーン時と同じく高音のエッジが鋭く、サスティーンもニスを塗ったような艶があります。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) P90-3n Custom P90 オーバードライブ音質 周波数特性 波形
SP90-3n オーバードライブ 周波数特性

ただしSP90-2nよりも中音が引っ込み気味に変化するので、空洞感のあるハーフトーン的なドライブです。あくまで比較したらという話につき、いずれのモデルも深い歪みとローミッドを武器にした音作りが可能となっています。

波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz
橙線:400Hz,800Hz
桃線:2kHz,3kHz,6kHz

Seymour Duncan SP90-2 Hot P90 音質解析 まとめ

出力とミッドレンジを強化しつつ、クリアな倍音とダイナミクスで魅せるハイアウトプット仕様P90タイプです。音抜けの良いハイミッドが抜群の存在感を放ち、バンドサウンドの中でも埋もれにくいリードプレイを繰り出せます。

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) SP90-2 Hot P90 音質解析&レビュー まとめ

弦振動に対する感度を上昇させた適応力の高さもあり、毛色の異なるP90タイプと組み合わせて楽しめるのも魅力的です。パワーだけでなく倍音の響きやダイナミクスも重視するプレーヤーにとって、痒い所に手が届くモデルに仕上がっています!

🏃💨今すぐ Seymour Duncan SP90-2 Hot P90 愛機の感度を上昇させる✨


SP90-2b (Bridge) Hot P90

SP90-2n (Neck) Hot P90

Seymour Duncan ピックアップ 関連記事

Seymour Duncan (セイモア・ダンカン) _ ギターいじリストのおうち

» Seymour Duncan ピックアップ関連記事一覧

ダンカンについてもっと詳しくなりたいならコチラ!P90タイプピックアップは下記モデルも要チェック!

【精密レビュー】Seymour Duncan Antiquity P90 (AQ-P90) は甘枯れエイジド音質!【ダンカンギターピックアップ解析】

» 【精密レビュー】Seymour Duncan Antiquity P90 (AQ-P90) は甘枯れエイジド音質!

アルニコ2マグネット搭載のP-90でファットサウンド!

【伝統再現】Seymour Duncan SP90-1 Vintage P-90ってどんな音?【ダンカンギターピックアップ解析】

» 【伝統再現】Seymour Duncan SP90-1 Vintage P-90ってどんな音?

Gibsonの1946年製P-90を当時と同じLeesona model 102で再現!

【出力強化】Seymour Duncan SP90-3 Custom P90 はどれくらいパワフルな音なの?【ダンカン解析】 _ ギターいじリストのおうち

» 【出力強化】Seymour Duncan SP90-3 Custom P90 はどれくらいパワフルな音なの?

ラージマグネットでローエンドゴリマッチョ化!

【ハムP90化】Seymour Duncan SPH90-1 Phat Catの音やバイト感はP-90に近いの?【ダンカン解析】 _ ギターいじリストのおうち

» 【ハムP90化】Seymour Duncan SPH90-1 Phat Catの音やバイト感はP-90に近いの?

ハムバッカー搭載ギターを無加工でP-90サウンドにコンバート!

管理人SNS

たま~にブログの告知を呟いたり記事への反応をRTしているよ!

👑「他の記事も読んでいってね💖」

音質改善 _ ギターいじリストのおうち

» エレキギター 音質改善情報 関連記事一覧

パーツ交換やちょっとしたテクニックで愛機の音質を改善しよう!

エレキギター _ ギターいじリストのおうち

» 世界一詳しいエレキギター レビュー 紹介機種一覧

どこよりも詳しい圧倒的情報力と分析力で綴る世界一詳しいギターレビュー!

安ギター に音質の悪い部品だけを使うとどうなるの?[最低音質改造]

» 安ギター に音質の悪い部品だけを使うとどうなるの?[最低音質改造]

ギターの音を良くする改造なんて平凡過ぎる発想はもう時代遅れ!?

個性的ギターストラップ _ ギターいじリストのおうち

» 個性的ギターストラップ レビュー&関連記事一覧

倍音よりも個性の煌めきが欲しい貴方に捧げるナイスなギターストラップが大集合!

素朴な疑問 _ ギターいじリストのおうち

» ギタリストの素朴な疑問 関連記事一覧

ネットでググってもわかんねーこと、教えてあげるぜ!