【音質解析】Vega-Trem VT1 Ultra Trem standardはどんな音?【話題沸騰ギターブリッジ/大評判ヴェガトレム】

2022年8月29日ギター,パーツ,ブリッジ,Vega-Trem,VT1 Ultra Trem standard,評判


【音質解析】Vega-Trem VT1 Ultra Trem standardはどんな音?【話題沸騰ギターブリッジ/大評判ヴェガトレム】 / TOP

👆 評判上々な Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard の音質解析!

目次

本日もギタいじへようこそ!ハジメマシテな君は『コチラ』から見てね!

👑各サイト楽器ランキング一覧💰

Vega-Trem VT1 Ultra Trem standardに交換した後の音が気になる!

近年国内ギタリストでも利用者が増えつつあるのが、Vega-Trem (ヴェガトレム) の誇る次世代トレモロブリッジ VT1 Ultra Trem です。

SNSなどで馴染み深いプレーヤーとしては、ケリーサイモン氏が2点止めタイプのVT1 Ultra Trem 2-points Goldを使用しています。

各楽器店は該当ブリッジを搭載したデモ機を配備の上で積極的なプロモーションを行うなど、今年の動向が気になるギターパーツの一つですね。

残念ながら本日4月1日の価格改定により販売価格が高騰しましたが、それでも当分の間はVega-Trem旋風が続くと予想されます。実際に利用者からの評判ではその類稀なるアーミング性能を推す声が多く、フロイドローズに憧れたストラト使いにとっては夢のような商品です。

※ VT1 Ultra Trem 2-points Gold を搭載

VT1 Ultra Tremは6点支持型トレモロから交換が容易な『standard』に、先述したアメスタ等の2点支持からコンバートしやすい『2-points』が用意されています。ここで是が非でも気になるのは、評判のアーミング性能向上を度外視とした音質面の変化についてです。

※ Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard を搭載

本記事では標準的トレモロブリッジであるWilkinson m seriesを基準として、VT1 Ultra Trem standard交換後の音質変化を調べました。あくまで音質比較のみに焦点を置いた内容となりますので、予めご了承願います。

管理人

実際問題として、音質面に関しては売り手の言い分とユーザーの評判が一致していないのよね

Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard インストール方法はコチラ!

寸法表

Vega-Trem ( ヴェガトレム ) VT1 Ultra Trem standard 送料無料 _ サウンドハウス
VT1 Ultra Trem standard 寸法表

Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard 倍音特性の比較 (E2/82.407Hz)

通常は比較の容易さからA2を使うのですが、今回は6弦開放音のE2倍音を採用しました。アンプはクリーンに設定し、低音側非整数倍音が分かりやすいようにネックポジションを選択です。

Vega-Trem ( ヴェガトレム ) VT1 Ultra Trem standard 送料無料 _ サウンドハウス
※スプリングは弦の太さによって選択する必要アリ

比較に差がでないようにブリッジはフローティングとし、スプリングは両ブリッジとも2本掛けでLow Tension(.009EXライトゲージ用)をセットしています。アームは使用しませんが装着した状態とし、ブリッジによる音の違いを浮き彫りにする狙いです。

1.Wilkinson m series 倍音特性波形

Wilkinsonの汎用モデルはスチールプレートに亜鉛ブロック、ステンレスサドルが採用される傾向にあります。2点支持モデルのWVS50IIKなどと外観や設計こそ異なりますが、各部位の素材構成自体はかなり近いです。倍音傾向は第2、第3倍音の他、高次倍音で基音よりも強い帯域が散見しています。

Wilkinson m series 倍音特性 (E2/82.407Hz)

とりわけ第2、第3倍音の強さは、第一印象のハーモニック感を強調する要素です。また高次倍音の強さが音色に煌びやかさを加えていますが、第4倍音以降と高次倍音の間は倍音量は多いものの大きさは控えめとなります。アタックで倍音感が味わえる反面、サスティーンの余韻は落ち着いて聞こえるかもしれません。

2.Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard 倍音特性波形

VT1 Ultra Trem standardはブロックが亜鉛製で、他の部位は全てステンレスの模様でした。倍音は全面的にコンプレッション感が出ており、どの帯域も突出した箇所がなく平均的です。第2倍音が基音より極僅かに出力が高いのみで、総じて没個性的な大きさの倍音となっています。

Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard 倍音特性 (E2/82.407Hz)

基音以下の非整数倍音が強いためか、低音側の余韻がフロイドローズの鳴り方に近いですね。基音と第二倍音の間に、やや強めの非整数倍音が発生する点もフロイドローズ的かもしれません。故に6点止めのトレモロサウンドと比べると、音程を感じない重めの空気感が若干含まれています(重低音が綺麗に出るという意味ではないので注意)。

Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard 倍音特性 (E2/82.407Hz) 拡大
左端矢印が基音以下の非整数倍音、灰色線が基音、赤線が基音出力

ただし基音と各倍音の音量差が少なく整然としているため、アンプやエフェクターを使ったサウンドメイクはしやすいです。FRT成分の強い没個性的なトレモロサウンドとも捉えられますが、良く言えばまとまりのある平均的な響きだと思います。『高級品だから激鳴りに違いない!』という先入観は厳禁につき、店頭のデモ機では必ず『アーミングしない音』を冷静にご確認下さい。

倍音特性波形の周波数目安

左端の山(中央灰色線)が基音82.407Hz
偶数次倍音:第2倍音(164.814Hz)、第4倍音(329.628z)……
→ナチュラルで暖かな傾向の響き、多いほど親しみを感じやすいという研究結果も
奇数次倍音:第3倍音(247.221Hz)、第5倍音(412.035Hz)……
→金属的で冷たくメカニカルな傾向の響き
非整数倍音:各倍音の谷などに含まれるが音程を感じさせない
GX-100 - 高品位なサウンドと高い汎用性を備えたBOSSの新マルチエフェクター|サウンドハウス

Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard 周波数特性の比較 (クリーン)

続いて倍音計測時と同じ環境のまま、クリーンサウンドの周波数特性を確認です。

a.Wilkinson m series のクリーン波形

Wilkinson m series 周波数特性 クリーン

低音側は100~400Hz付近に集中しますが、150Hzと300Hzにそれぞれ同程度のピークがあります。低次倍音側の出力バランスさがそのまま波形に反映されており、200Hz付近にデッドポイントが出現です。とは言え総合的には出力が高めで元気が良く、ワイルドなクリーンを奏でてくれます。

b.Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard のクリーン波形

Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard 周波数特性 クリーン
-1dB

生鳴りレベルでもギリギリ感じる要素として、やや音量が減少傾向にある様子です。波形では出力が交換前よりも-1dB程度低下しており、ほぼ全帯域の周波数特性も低下傾向にあります。しかしこちらも倍音のコンプレッション感が反映されて、低音域から高音域までの出力ムラが少ないです。帯域別では最大音量が低下する分アタック感や音の元気さに欠けるものの、粒が揃っているため体感的には音が前に出やすく感じられます。

語彙力0

軽いけど若干前に出てくる感じ

周波数特性波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz
橙線:400Hz,800Hz
桃線:2000Hz,3000Hz,6000Hz

Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard 周波数特性の比較 (ディストーション)

最後にアンプのゲインを上げて、歪ませた状態での周波数特性を確認です(周波数特性の目安位置も同じ)。

A.Wilkinson m series のディストーション波形

Wilkinson m series 周波数特性 ディストーション

クリーンよりもローエンドの迫力が増し、100~400Hzにかけて高い特性を記録しています。クリーン時の倍音出力バランスの名残りと推測しますが、150Hzと400Hz付近では微妙に出力の下がる箇所がありました。ですが聴覚的にはほとんど気にならず、ムラの無い中音域と伸びやかな高音域がストラトらしい歪み方です。

B.Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard のディストーション波形

倍音のコンプレッション感に歪みのコンプレッション感が重なり、中~高音域にかけて圧縮されたような波形となっています。聴覚的にも大人しく感じる中音域以降の帯域に対し、交換前は幾分低めだった150Hzと400Hz付近がモコっと強めに出力です。これまでの結果からVT1は出過ぎる箇所は控えめに、弱い箇所は強く出力される傾向で、キメの整った歪みの粒が味わえます。

Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard 周波数特性 ディストーション
-0.5dB

裏を返せばコンプレッサー的な均一性が裏目となり、アタックが引っ込み気味になったり音の強弱がつけにくくなるかもしれません。コンプレッション感はアーミング時の出音バランスには効果的に作用するため、やはりアームで揺らがせてこそ本領を発揮出来る響きだと言えるでしょう!

冷静

ダンカンでいうところの、78 Model的な音の揺らぎや繋ぎを滑らかに魅せる傾向と言えるかもね

リード向き

やっぱりこいつぁ、アーミングでウワンウワン唸らせてこそ華ってこったな!

🧠「うおおおおおおおおおおおお!!!今すぐ Vega-Trem VT1 Ultra Trem でアーミングしてえぇぇぇぇええええええええ!!!」


Vega-Trem VT1 Ultra Trem standard

Vega-Trem VT1 Ultra Trem 2-points

Vega-Trem VT1 Ultra Trem lefty

👑「他のグレードアップパーツ関連記事も読んでいってね💖」

Seymour Duncan _ ギターいじリストのおうち

» Seymour Duncan ピックアップ関連記事一覧

外観やスペック表を見ても音がわかんなーい!そんな貴方に捧ぐ、ダンカン製ピックアップの音質を客観的に解析したデータ集!

Creatifinity Parts _ ギターいじリストのおうち

» Creatifinity Parts グレードアップパーツ 関連記事一覧

お手軽価格のアイデアパーツで音質改善、VT1 Ultra Tremとも相性抜群!将来絶対伸びるギターパーツブランドです👍

激安ピックアップ _ ギターいじリストのおうち

» 激安ギターピックアップ調査 関連記事一覧

激安過ぎてむしろ不安になる奇妙なルックスのピックアップが大集合!

エレキギター _ ギターいじリストのおうち

» 世界一詳しいエレキギター レビュー 紹介機種一覧

一体どの層に需要があるのか!?どこよりも詳しい圧倒的情報力と分析力で綴る世界一詳しいギターレビュー!

安ギター に音質の悪い部品だけを使うとどうなるの?[最低音質改造]

» 安ギター に音質の悪い部品だけを使うとどうなるの?[最低音質改造]

これからの時代はクソみたいな音質のギターをもっと『どクソ』な音に改悪してカッコよさ全振りで楽しむ時代です!

個性的ギターストラップ _ ギターいじリストのおうち

» 個性的ギターストラップ レビュー&関連記事一覧

倍音よりも個性の煌めきが欲しい貴方に捧げるナイスなギターストラップが大集合!

低IQ記事 _ ギターいじリストのおうち

» 頭の悪~い低IQ記事 一覧

お堅い楽器情報なんてコリゴリ!頭の悪過ぎる商品や書いている管理人のIQの低さが露見するしょーもない記事が大集合!

安ギターノブ選択会議 _ ギターいじリストのおうち

» 安ギターノブ選択会議 指名選手一覧 (※安価なギターノブレビュー)

たまにはリーズナブルで奇妙なフォルムのノブでもいかがかな?

軽めのJUNK日和 _ ギターいじリストのおうち

» 軽めのJUNK日和 記事一覧

激安ジャンク品をサクっと修理して改造しちゃおう!

変な部品レビュー 一覧

» 変な部品レビュー 記事一覧

存在価値が『変』としか説明出来ないギターパーツ&アイテムを好き好んで買う人がいるらしい。

馬改造 _ ギターいじリストのおうち

» 馬改造(ばかいぞう) 記事一覧

発想の根源が狂っている改造レポートはコチラ!

Amazon.co.jp_ Amazon Music Unlimited
大幅値下げ市 一覧|サウンドハウス