安ギター に音質の悪い部品だけを使うとどうなるの?[最低音質改造]

2022年1月5日ギター,改造,MUSOO,馬改造,MST2110,低IQ記事

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング_ エレキギターパーツ の中で最も人気のある商品です
Amazon _ MUSOO ブランドカスタムエレキギターフィンガーボード付LED _ エレキギター _ 楽器・音響機器

👆 安ギター 最低音質改造 しよっか💖

目次

ギター _ 楽器 - 人気ブログランキング
Amazon.co.jp ほしい物ランキング_ エレキギターパーツ で、ほしい物リストとレジストリに最も多く追加された商品
エレキギター ローステッド(楽器、手芸、コレクション)の商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
【楽天市場】エレキギター ローステッドの通販
サウンドハウス - PA音響機器、DJ・DTM、照明機器、ステージ、カラオケ機材の全国通販
クーポン一覧|サウンドハウス

安ギター 特有の『音が出る事』が目標の音

新年早々当ブログでは、MUSOOのLED搭載カスタムギターをご紹介いたしました。該当ギターはLEDとボディ材の負担が大きかったのか、音色が今一つの出来栄えです。部品構成は安ギターの中でも最低グレードで、ギターらしからぬ周波数特性を備えます。

大半の人はこういったギターの音を耳にすると、『悪い音』と捉える可能性が高いです。音の良さを考慮しているとは思えず、『音が出る事』が目標の部品構成となっています。とは言え部品のグレードを上げる事で、ある程度までは音質を向上させる事が可能です。

MUSOO カスタムエレキギター LED付 STタイプ 安ギター

ピックアップの交換などは特に効果が大きく、ガラっと傾向が変化する場合もあります。MUSOOのギターは低出力ピックアップにつき、出力が上がるだけでも音が違うハズです。

安ギター 、もっと音悪くしてぇ……

では逆に、現状でもイマイチな音を更に低下させたらどうなるのでしょうか。初期状態でも部品構成は最下限ですが、改造によってはもっと下を目指せると思います。

おバカパーツで 馬改造 第5馬 – カッコいい“だけ”の 安ギターブリッジ

何よりも当ブログでは、これまで数多の変な部品を取り上げてきました。それらは音質が向上する部品よりも、音質が悪くなる傾向が強い部品が多数です。

ユニークな中空ハンドルデザインペグ って何だよ……[変な部品レビュー第20回]
ものによっては使い物にならない代物もアリ

そこで今回は過去に紹介した部品をメインに使用して、最低音質のギターを目指します。ただでさえ音質の悪いMUSOOのギターが、どのように生まれ変わるか楽しみですね。

Phoenix メガネ型ルーペ でスチームパンク風メカに強そうなキャラに早変わり💖
燃え上がる開拓精神

今宵は安ギターの底辺中の底辺、安ギター界のマントル層に到達してみせましょう

安ギター 最低音質改造 部品構成

ELECTRO-HARMONIX EHX 9V BATTERY ×12個セット 9Vマンガン電池
やる気満々!

最低音質を目指すにあたり、まずは部位毎に使用するパーツを列挙していきます。ネック側からボディ側にかけて、交換する部品や改造方法をピックアップです。

ペグ

ペグは重量や弦の固定方法により、出力や周波数特性、倍音量が変化します。ロック式の場合は弦が短い状態で固定されるため、倍音量が減少する傾向です。

[安い] Musiclily Pro 6連ギター ロック式ペグ ってどうよ?[クルーソン型]

音質が悪いという意味ではなく、構造上そうならざるを得ないものとなっています。重量は低音域と音伸びに影響しやすい傾向ですが、ワッシャーの音質変化も活用です。

おバカパーツで 馬改造 第6馬 – ギターペグ ワッシャーを大きくしたらどうなるの?

ワッシャーは重量が軽く面積が広い程、周波数特性が低下しやすい傾向があります。とりわけアルミ製の大径ワッシャーは、低~中音域が減衰する事が確認出来ました。

軽量&大径ワッシャー

軽量&大径はナットの加圧面積に対し、ワッシャーの外側まで力が伝わらない印象です。弦振動が損なわれる感じがあるため、共振するような濁りを生む場合もあります。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ペグ1

よって軽量化したロック式ペグに、アルミワッシャーを組み合わせるのが適任ですね。ワッシャーは以前紹介した、φ20mmの高背アルミタイプを使用しました。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ペグ2

ロック式ペグは軽量化を図るため、ペグボタンを中空タイプに交換します。使用するロック式ペグは、ロック式の中でも安価なMusiclilyをチョイスです。思ったよりも外観がカッコよく、

安ギター 最低音質改造 部品構成 ペグ3

近未来感が尋常ではありません。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ペグ4

音質の良し悪し抜きに、思わず試してみたくなるデザインだと思います。

ストリングガイド

ストリングガイドは弦を加圧するため、テンションや音色の張りに影響です。台座を少し高くして加圧を弱くすると、それなりに周波数特性が減衰します。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ストリングガイド 1

しかしあまり弱くするとチューニングに悪影響が出るので、程々が重要です。そこでクリスマスの飾りに使用した、チャーム アクセサリーを使用します。

SANNIX チャーム アクセサリーパーツ 110個セット ペンダント ネックレス イヤリング飾り ジュエリー DIY 贈り物 オーナメント

チャームの穴をスペーサー代わりに使う事で、ガイド位置を高くする事が可能です。季節感をガン無視するとお馬鹿っぽいため、

安ギター 最低音質改造 部品構成 ストリングガイド 2

スイカとさくらんぼを選びました。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ストリングガイド 3

やはり安ギターたるもの、頭の悪さも十二分に必要だと思います。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ストリングガイド 4
なんだこのネックは

低みを目指して改造するのならば、ルックスにもお馬鹿要素が必要ですね👍

ネックプレート

ネックジョイントプレートは、ボルトオン形式のギターの音色を大きく左右します。サスティーンや出力が変化しやすいため、専用の音質向上プレートも多数存在です。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ネックプレート 1

逆にデザイン性を重視したプレートの場合、音質が低下してしまう事もあります。前回の記事に登場した、

安ギター 最低音質改造 部品構成 ネックプレート 2
/ オレの出番のようだな! \

亜鉛合金タイガーネックプレートは最たる例ですね。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ネックプレート 3

亜鉛合金タイガーは奇数次倍音が目立ちやすく、周波数特性も全体的に減衰します。サスティーンの安定感はあるものの、体感的には音色の直進性が弱くなる印象です。

ピックアップカバー

MUSOOの初期搭載ピックアップは、他に交換出来そうなものがありません。最低音質の才能に満ちているため、このまま素材の味を活かす事にしました。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ピックアップカバー 1

抵抗値3.7kΩ台という出力をフル活用し、カバーの交換で音質の低下を狙います。金属製カバーは高音域が減衰しやすく、3kHz~6kHz付近は特に減衰量が大きめです。

加えて非整数倍音も減少しやすいため、倍音が目立ちやすくなる傾向があります。元の倍音がイマイチだった場合、イマイチな響きが強調されて聞こえる可能性が大です。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ピックアップカバー 2

3kHz~6kHzはMUSOOのギターが得意とする帯域なので、長所を無くす事も出来ます。低音の弱いギターが高音まで削られたらどうなるのか、考えただけでワクワクですね。

スイッチポット

初期状態のスイッチポットは500kΩなので、高音域の伸びに拍車をかけています。

安ギター 最低音質改造 部品構成 スイッチポット 1

高音域をより控えめにするために、シングルコイルの通例通り250kΩに変更です。

安ギター 最低音質改造 部品構成 スイッチポット 2
配線前

交換ついでなので、動作形式もプッシュ-プッシュタイプに変更しています。ハンダは音響用ではなく、初期のハンダと揃えてRoHS指令対応の鉛フリーを選択です。

スイッチ用装飾

スイッチは既に最低グレードの5wayタイプにつき、その他の要素で音質低下を狙います。固定用ネジとピックガード間に金属製の物体を挟むと、共振を誘発させる事が可能です。

安ギター 最低音質改造 部品構成 スイッチ用装飾 1
※ネジはブラスに変更

そこまで大きな変化ではありませんが、非整数倍音が増加する傾向が確認出来ています。

安ギター 最低音質改造 部品構成 スイッチ用装飾 2

PandaHallのチャームを挟む事で、金属カバーでも削げない非整数倍音が発生です。

ノブ

ノブはそれほど音質に影響はないですが、軽量にする事で機体重量を減らせます。メタルノブとプラノブの場合、個数によっては100g単位で差が生まれるのです。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ノブ 1

MUSOOのギターは既にプラノブなので、最小サイズのノブに交換しておきます。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ノブ 2

おそらく交換したパーツの中では、一番影響が少ない要素である事は確実ですね。

余談

Q-Parts Jumbo Skull I & II クソデカドクロノブ💖

ちなみにQ-Parts Jumbo Skullは単品で45g前後あるため、機体重量アップが見込めます。4ノブ型に4個使用すると200g近く増量するので、実際に音が変化する事を確認済みです。

ブリッジ

トレモロブリッジは現状でも123.4gしかないため、十分過ぎる程低音質となっています。もう一歩踏み込んで重量を軽くするには、ブロックレストレモロを使用しましょう。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ブリッジ 1

未来の技術を駆使して組み上げた代物で、ブロックを排除した『骨』のみの構造です。スカスカのサスティーンブロックより下を狙うならば、本品を置いて他にありません。

組み上げと調整が著しく難しいため、不慣れな方は真似しない方が良いと思います。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ブリッジ 2

不慣れでなくとも、普通のギターライフを送る限り本システムを使う必要性は皆無です。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ブリッジ 3

これだけでも最低は狙えますが、サドルをローラー式にする事で低音が弱くなります。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ブリッジ 4

スクリューもジュラルミンに変更すると、非整数倍音が大きくなって共振しやすいです。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ブリッジ 5

ブロックレストレモロ、ローラーサドル、ジュラルミンスクリューで死角はありません。

安ギター 最低音質改造 部品構成 ブリッジ 6
🧠「うおおおおおおおおおおお!」

見た目もアホみたいにカッコよくなるので、

🧠「うおおおおおおおおおおお💢💢💢」

外観と音のギャップで肩透かしを狙えます。

弦は出力が低くて低音域と高音域の力感が控えめになる、Orphee RX15を採用です。Super Slinkyと比べると相当ローパワーなので、意図的に弱々しい音を再現出来ます。

参考記事

安ギター 最低音質改造 完成

セットアップにあたり、部品交換前と弦高&ピックアップ高を同じ高さに調整です。トレモロスプリングの張力も同程度にし、交換前と同じくベタ付けに設定しています。

安ギター 最低音質改造 完成 1

余計なネジ穴を増やす加工は行わず、木材を削る加工も行っておりません。フレットは末端処理と浮きを修正し、付随して少しだけ擦り合わせも実施です。

安ギター 最低音質改造 完成 2
※画像のように下げるともっと音は弱くなる

ピックアップ高を極端に下げれば、更に音色を弱くする事が出来ると思います。さりとてそれでは部品による音質変化が分からず、純粋な比較検証には不適切です。

安ギター 最低音質改造 完成 3

何よりも正しい組み上げ状態で変な音が出てこそ、

安ギター 最低音質改造 完成 4
※存在が正しくない

真の最低音質だと言えるでしょう。

安ギター 最低音質改造 完成 5

部品交換による音の変化だけが分かるように、最適なセットアップを行いました。

令和に継承されたびんぼっちゃまスタイル

正直に申し上げて、これなら音が悪くても許せそうな外観に仕上がっていますね。

安ギター 最低音質改造 びんぼっちゃまスタイル 1

パっと見だけならば安ギターには見えず、とてつもなく凄そうな音が飛び出しそうです。

安ギター 最低音質改造 びんぼっちゃまスタイル 2

ブリッジも最先端モデルのようなオーラがあり、金属カバーも独自性が感じられます。

安ギター 最低音質改造 びんぼっちゃまスタイル 3

ですがバックを見ると、タイガー&ブロックレスの組み合わせがお馬鹿度激高です。

安ギター 最低音質改造 びんぼっちゃまスタイル 4

まさに『びんぼっちゃまスタイル』そのもので、情けない香りが充満しています。ここまでIQの低い外観に仕上がれば、LEDギター君も不満は無いであろう事を確信です。

安ギター 最低音質改造 サウンド

アンプを通さない生音の感想として、弦の『上下』だけが鳴っているような気がします。ブロックレストレモロの影響が大きいのか、お腹周りに弦振動がほとんど伝わりません。

安ギター 最低音質改造 サウンド 1

ボディが揺れる気配が全く無く、フレットとブリッジだけが鳴っている印象ですね。狙い通り生音は濁ったような響きで、随所でワシャワシャと細かく共振しています。気持ちいいかどうかと言われると、そこを語って良いレベルには達していないです。

安ギター 最低音質改造 サウンド2

生音だけでも『これは無いな』と思わせる、凄みさえ感じる響きの悪さを実現しました。それでは音質の変化を計測して、どの程度波形に違いがあるかを確認していきます。

安ギター 最低音質改造 サウンド 3

計測環境を揃えているため、MUSOO MST2110のレビューと比較する事が可能です。改造前もかなりクセのある波形でしたが、果たしてどのような変化があるのでしょうか。倍音特性、周波数特性、サスティーンの3項目をチェックしていきます。

倍音特性 (A2/110.00Hz)

安ギター 最低音質改造 サウンド 倍音特性 (A2/110.00Hz)

倍音は周波数が分かりやすいように、5弦開放弦のスペクトラムを採用です。

1.ブリッジピックアップ

おおまかな倍音に変化は無いものの、奇数次倍音が目立ちやすくなりました。

安ギター 最低音質改造 サウンド 倍音特性 (A2/110.00Hz) ブリッジピックアップ 改造前
ブリッジPU改造前

基音と第2倍音間、第2倍音と第3倍音間に、非整数倍音の発生も確認しています。

安ギター 最低音質改造 サウンド 倍音特性 (A2/110.00Hz) ブリッジピックアップ 改造後
ブリッジPU改造後

全体的に元の音より濁った印象で、スカっとしたクリアさが感じられません。

2.ミドルピックアップ

大まかな波形は同じ様に見えますが、やはり奇数次倍音が強調されやすい傾向です。

安ギター 最低音質改造 サウンド 倍音特性 (A2/110.00Hz) ミドルピックアップ 改造前
ミドルPU改造前

ブリッジと同じく、基音~第6倍音間に非整数倍音が発生しています。

安ギター 最低音質改造 サウンド 倍音特性 (A2/110.00Hz) ミドルピックアップ 改造後
ミドルPU改造後

これらの結果から、非整数倍音の発生はピックアップ以外が要因です。ペグワッシャーやスイッチの装飾など、狙い通りの働きを見せてくれていますね。

3.ネックピックアップ

倍音量が大幅に減少し、基音以下の非整数倍音がやたらに強調された状態です。

安ギター 最低音質改造 サウンド 倍音特性 (A2/110.00Hz) ネックピックアップ 改造前
ネックPU改造前

かといって悪い響きかというと、これはこれで面白い音色のような気がします。クリーントーンで鳴らしてみると、アコースティックシミュレーターの音色に近いです。

安ギター 最低音質改造 サウンド 倍音特性 (A2/110.00Hz) ネックピックアップ 改造後
ネックPU改造後

単音ではペチっとした軽い響きで万能ではありませんが、使い道はあると思います。

倍音特性波形の周波数目安

左から2つ目の山(中央灰色線)が基音110Hz
偶数次倍音:第2倍音(220Hz)、第4倍音(440Hz)、第6倍音(660Hz)……
→ナチュラルで暖かな傾向の響き、多いほど親しみを感じやすいという研究結果も
奇数次倍音:第3倍音(330Hz)、第5倍音(550Hz)、第7倍音(770Hz)……
→金属的で冷たくメカニカルな傾向の響き
非整数倍音:各倍音の谷などに含まれるが音程を感じさせない

周波数特性

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性

周波数特性はDI直で同一フレーズを繰り返し、平均的なスペクトラムを比較しました。

a.ブリッジピックアップ

金属カバーのシールド効果により、得意とする3kHz以降が大幅に減衰です。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 ブリッジピックアップ 改造前
ブリッジPU改造前

通常のセラミックシングル相当の高音域に変化し、500~800Hzも弱くなっています。ただし400Hz以下は改造前より強くなっているため、バランス感自体は良好です。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 ブリッジピックアップ 改造後
ブリッジPU改造後

音の中心が400Hzのみに集中するなど、倍音さえ良ければ違っていたかもしれません。出力はほとんど変化無しで、トーン傾向の変化のみ確認出来ました。

b.ミドルピックアップ

ブリッジと同じく高音域の減衰が激しく、2kHzを境にそれ以上の帯域は激減しています。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 ミドルピックアップ 改造前
ミドルPU改造前

反してローエンドが異様に強くなり、100~400Hzにかけて力感が倍増です。奇数次倍音や非整数倍音の増加が、悪目立ちする形で強調されてしまいます。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 ミドルピックアップ 改造後 補正有
ミドルPU改造後(+3dB補正有)

また出力が-3dB前後低下しているため、ひとえに低音が強くなったとも言えないです。アンプの設定が同じ場合、低音域も改造前よりも相当弱く聞こえると思われます。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 ミドルピックアップ 改造後 -3dB
ミドルPU改造後(-3dB)

出力差が分かる波形と比べてみると、全体的な出力の低下が一目瞭然ですね。

c.ネックピックアップ

ネック側もブリッジ、ミドルと同じ傾向で、2kHz付近からガクっと減衰しています。波形の山は100~400Hzと広範囲に集中しており、初期状態よりもローエンドが強いです。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 ネックピックアップ 改造前
ネックPU改造前

同じ音量で演奏する分には、改造後の方がぶっといサウンドを奏でられそうに思えます。ところが出力の低下が著しく、なんと最大で-7dBも音量が低下してしまいました。ミドル、ネックとブリッジから離れるに従い、グングン出力が低下していく傾向です。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 ネックピックアップ 改造後 補正有
ネックPU改造後(+7dB補正)

これは生鳴りの時に感じた、『ブリッジのみ鳴る感覚』が要因だと推察します。ボディの振動効率が損なわれているのか、ブリッジ周りだけが揺れている状態なのです。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 ネックピックアップ 改造後 -7dB
ネックPU改造後(-7dB)

故にブリッジからピックアップが遠ざかる程、出力が下がるのも無理は無いと感じます。アコシミュの音色に近い理由も、弦振動を上手く拾えていない事が影響していそうです。

波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz
橙線:400Hz,800Hz
桃線:2kHz,3kHz,6kHz

サスティーン

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 サスティーン 1
意外にも弁当箱ではない

サスティーンはシンプルに、開放弦Eコードを1ストローク鳴らして計測しています。未改造状態の音伸びを基準となる0とし、交換後に±何%音が伸びたかを掲載です。計測したデータを元に、平均%、最小%、最大%の3通りのデータを算出しました。

平均%:+16.2%

最小%:+16.2%

最大%:+8.6%

音伸びはある程度予測していましたが、改造前よりも大幅にアップしています。ジュラルミンネジやアルミワッシャーが軽量につき、共振を持続しやすいためです。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 サスティーン 2
これで伸びるのが凄い

純粋な音伸びというよりは、振動した部品が『揺れ収まるまでの長さ』が長くなります。音が小さくなるまでの長さは同程度で、弱い音が鳴り続くといった感じでしょうか。

安ギター 最低音質改造 サウンド 周波数特性 サスティーン 3

とても判断が難しいのですが、一応音が伸びているという事実には違いないです。聴覚的に音が途切れたと感じる長さに関しては、両者に大差は無いように思います。

安ギター 最低音質改造 まとめ

意図的に音質を下げようとしても、部品のみで最低音質の実現はかなり難しいですね。概ね期待通りの音に寄せられましたが、音伸びなど部分的に好転する箇所もありました。ブリッジPUの出力が下がらないなど、標準的セッティングの音質低下に限界を感じます。

安ギター 最低音質改造 まとめ 1

一層音質を低下させるには、組み上げの面でも音質低下を狙わなければいけません。今回のケースではブリッジPUを下げる、スプリングを緩める等の対策が有効です。裏を返すと丁寧にセットアップを行えば、最低限ギターの音が保てる事が分かります。

安ギター 最低音質改造 まとめ 2

本記事では部品を音質低下に使用しましたが、トーン調整と考えれば『下方修正』です。高過ぎる音を削る場合など、金属カバーは使い方次第で『有効に』活用出来ます。つまり狙うサウンドによっては、高音を削る事が『良い音』に繋がる事もあるのです。

安ギター 最低音質改造 まとめ 3

使用した部品選定はあくまで、『MUSOOのLEDギターと相性の悪いもの』となっています。もしかすると貴方の愛機では、これらの部品が良い働きをする可能性も否めません。試行錯誤した上で最低の音となった部品選出につき、その点だけはご理解下さいませ。

🏃💨 安ギター 最低音質改造 なんてやらないほうが良いよ💖

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング_ エレキギターパーツ の中で最も人気のある商品です

使用したギター(納期注意)

👑「他の記事も読ませて💖」


PLAYTECHエレキギター_ベースにカーボナイズド・ネック仕様登場!|サウンドハウス
PLAYTECHアコースティック新製品AD35CE登場!|サウンドハウス
売れ筋商品ランキング|サウンドハウス