おバカパーツで 馬改造 第3馬 – 未来の安ギタートレモロシステム!

2021年11月15日ギター,改造,ブリッジ,10.5mm,トレモロブロック,トレモロブリッジ,馬改造


👆 これぞ未来の安ギター救世主!

目次

前回の馬改造!

サウンドハウス

ギターエフェクター_アンプ 5%ポイントアップクーポン配布中|サウンドハウス
人気ブランド ポイント5%UPクーポン!|サウンドハウス

未来の安ギター事情!

……2021年を生きる地球の皆様方、いかがお過ごしでしょうか。お初にお目にかかります、当ブログ第38代目管理人ギターいじリスト38世でございます。ブログ開設から200年余りが経過し、世界のギター事情も大きく変わってしまいました。

Aria Pro II / CS-400
※2221年現在66兆2000億まで高騰

かつてはジャパンヴィンテージと呼ばれていた機材も、今や骨董的価値にまで高騰です。優れたギターが投資対象へと変化していく中、2050年頃より新たな価値観が誕生します。2020年前後に急激に品質を向上させた、アジア製の安ギターが見直され始めたのです。

ARIA / RETRO-1532J
※2051年当時で7万7千と地味に高騰

安ギターは『アジアヴィンテージ』として、世界的に高い支持を得るようになります。ジャパビンからアジビンへ、手頃で良い中古機材の対象が世代交代を果たしたのです。そしてアジビンに便乗し、過去に例をみないほどの安ギター生産競争が幕を開けます。

ついに訪れた安ギターコストダウンの限界

しかしながら2020年代において、安ギターはすでに進化の上限に達していました。ボディ、ネック、ピックアップ、ペグなど、主要部品はコストの下限だったのです。これ以上安く出来る要素が無くなると、今度は長い長い停滞期がやってきます。

PLAYTECH ST250SSH ボディ
※ホワイトウッド

ところが下限の限界と思われていたある部品が、後の安ギターを大きく変えました。

10.5mmトレモロブリッジ

それは当ブログでも度々取り上げてきた、安ギター専用の10.5mmトレモロブリッジです。

限界まで削られたサスティーンブロック

安ギター サスティーンブロック

2021年製の安ギターは、サスティーンブロックの薄さが限界値に到達しています。厚さは僅か6mmにつき、これ以上減らそうと思っても減らせる体積が無いのです。

安ギター サスティーンブロック 厚さ

故にこのブロックでは、ネジ穴以外の『隙間を削る』事で体積を小さくしています。

安ギター サスティーンブロック 削られた隙間

更にコストを下げようとすると、最早ブロックを使わないという選択肢のみです。ですがシンクロトレモロである以上、サスティーンブロックは絶対必要となります。

安ギター サスティーンブロック 接写
※これ以上薄く出来ないサイズ

ブロック無しでは弦が張れないだけでなく、スプリングやアームも使用出来ません。故に現状の厚さ6mmのブロックが、コストの下限限界値と考えられていました。

用途別に使い分けできる!キャリーカート・台車・キャスター ブランド特集|サウンドハウス

世界を変えた『ブロックレス』トレモロ!

安ギターの進化の終着点が囁かれた2051年、世界を揺るがす新システムが登場です。これまで必要と思われていたブロックを、あえて使わないトレモロ機構が誕生します。サスティーンブロックを完全に排除した、その名もブロックレストレモロシステムです。

馬改造 ブロックレストレモロシステム

この新発明はブロックの代わりに、3本の鉄芯のみを搭載する画期的なものでした。鉄芯の先端にナットが搭載されているため、スプリングを挟み込んで取付けを行います。

馬改造 ブロックレストレモロシステム 弦の取付け方法

アームもナットで固定するタイプを採用で、専用のハウジング等を必要としません。弦はプレート真下に直掛けとなっており、問題無く張る事が出来るのです。

安ギター進化の終着点

ブロックより製造コストは遥かに安く、ついに安ギターコスト下限の限界を突破します。このブロックレストレモロシステムこそ、進化の終着点となる安ギター最下限の姿です。

安ギター進化の終着点

2221年現在も本システムが安ギター基本形として、揺るぎない地位を築き上げています。STやLPといった『王道の形』は、250年以上もの長い間ギタリストに愛されてきました。ブロックレスシステムも誕生から170年、最終進化形を保ったまま生産され続けているのです。

最良の形の最大公約数

バイオリンやピアノなど、伝統ある楽器はその形状を大きく変える事はありません。それはすなわち、多くの弾き手における『最良の形の最大公約数』を意味しています。

馬改造 ブロックレストレモロシステム / 安ギターブリッジ比較

安ギターもまた本システムの搭載により、最良の形へ到達したと考えて良いでしょう。ちなみにブロックレストレモロシステムは、2021年の技術水準でも再現可能です。

馬改造 ブロックレストレモロシステム スプリング固定方法

完璧な形で再現は不可能ですが、未来の安ギターのニュアンスは十分楽しめます。お近くの楽器部品量販店で購入可能な部品で再現出来るので、ぜひともお試し下さい。

ELECTRO-HARMONIX EHX 9V BATTERY ×12個セット 9Vマンガン電池

馬改造 で未来のブロックレストレモロシステム再現!

まず用意するのは、ブロックの長さと同程度となるφ4mmの皿ネジが3本です。安ギターの場合ブロックが36mm程度なので、40mmもあれば十分でしょうか。更にネジの全長に対し、およそ3/4程度の長さのオニメナットを用意します。

馬改造 ブロックレストレモロシステム ネジ類
これを3セット

オニメナットはφ4mm用の場合、おそらく30mmの長さはほとんどありません。分割でも良いので、例えば10mmを3本用意するなどして長さを揃えればOKです。

馬改造 ブロックレストレモロシステム 組み上げ
プレートを外すとこんな感じ

続いてトレモロプレートに皿ネジを通し、オニメナットを30mm分固定します。余った先端部はスプリングを固定するため、ワッシャー2枚とナット1個を搭載です。

馬改造 ブロックレストレモロシステム 組み上げ 別アングル

たったこれだけの構成で、未来のブロックレスシステムが再現出来てしまいました。

主要パーツは安ギターの物を流用

トレモロプレートやスプリング、サドル等は全て安ギターの物を流用します。他のネジ類はDCMやカインズ、コメリなど、身近にある楽器部品店で揃う事でしょう。アームはナットで固定するため、ネジが緩まぬように樹脂製ワッシャーが必須です。

主要パーツは安ギターの物を流用

ただし樹脂なら何でも良いので、適当なプラスチックに穴を開けて挟み込みます。上記写真はケーブルクランプを、とりあえず仮止めしている状態です。

アームの固定

今回はアーム用ナットサイズに合わせて、六角型にカットしてみました。あまり大きいサイズだとサドルと干渉するため、小型にカットして下さい。

馬改造 パーツ一覧

トレモロプレート:1
トレモロサドル:6
スプリング:3
スプリングホルダ:1
以上、全てSquier製を流用

余りもののφ5mmアーム:1

皿ネジ(4×40mm):3
オニメナット(4×10mm):9
ワッシャー(内径4mm):6
六角ナット(内径4mm):3
六角ナット(内径5mm):2
ケーブルクランプ:1
※クランプは六角ナット5mmに合わせてカット

馬改造 ブロックレスシステムの音

実際にSquier Affinity Stratocaster HSSに搭載してみると、バッチリ決まりました。共振が大きそうな印象ですが、スプリングをナットで固定するためむしろ共振しません。無機質なサウンドが味わい深く、まさにこれが未来の安ギターの音そのものとなります。

馬改造 ブロックレスシステム ボディトップ

薄いブロックでサウンドが減衰するならば、最初から使わなければ良いだけの話です。コストカットとロスカットを備えた、まさに最強の安ギサウンドだと言えるでしょう。

馬改造 ブロックレスシステム ボディバック

音に雑味が無いため、あらゆるエフェクターを駆使するサウンドメイクに向いています。余談ですが2221年製モデルのマルチエフェクターは、音色が16,777,216通りも搭載です。

馬改造 ブロックレスシステム スプリング固定部アップ

全て同時にONにする事も可能につき、未来のエフェクター事情にもマッチしています。エフェクターを多用する未来に対応した、軽やかにも平坦なサウンドをご堪能下さい。

……ここまで読んだ人います?

馬改造 ブロックレスシステム スプリング

管理人が弾き出した計算によると、2021年に本システムを再現する人の数は推定0です。仕方が無いので皆様に変わり、未来のブリッジの音を計測しておきました。倍音特性と周波数特性を調べておいたので、来るべき安ギフューチャーを妄想しましょう。

計測に使用した機材一覧

ギター:SQUIER / Affinity Stratocaster HSS
使用PU:LACE / Alumitone Deathbucker Gold(リア) 
ブリッジ:SQUIER純正を元にブロックレス化

倍音特性 (A2/110.00Hz)

馬改造 ブロックレスシステムの音 倍音特性 (A2/110.00Hz)

先に無機質なサウンドと述べた通り、異常なまでに非整数倍音が存在しません。雑味が無いとかいうレベルではなく、文字通り本当に無機質な音となっています。ここまで非整数倍音が少なくなると、アタック音やサスティーンが実に平坦です。倍音自体は芳醇に含まれており、突出した奇数次倍音も見当たりませんでした。

倍音特性波形の周波数目安

左から2つ目の山(中央灰色線)が基音110Hz
偶数次倍音:第2倍音(220Hz)、第4倍音(440Hz)、第6倍音(660Hz)……
→ナチュラルで暖かな傾向の響き、多いほど親しみを感じやすいという研究結果も
奇数次倍音:第3倍音(330Hz)、第5倍音(550Hz)、第7倍音(770Hz)……
→金属的で冷たくメカニカルな傾向の響き
非整数倍音:各倍音の谷などに含まれるが音程を感じさせない

周波数特性

馬改造 ブロックレスシステムの音 周波数特性 補正前
-3dB(補正前)

生鳴りが極端に低音量になったせいか、出力が標準よりも-3dB低くなっています。

最高級の銅6弦エレキギターブリッジ + Musiclily Ultra 10.5mm フルブラス 周波数特性
最高級の銅6弦ブリッジ+ブラスブロック

以前紹介した銅ブリッジ+ブラスブロックと比較すると、周波数特性の差は歴然です。

±0dB(補正後)

そこで音量を+3dB補正したところ、かなり近い特性の周波数特性を計測しました。ブラスよりも高音域が伸びませんが、意外にも600Hz以下は本システムが上回ります。

波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz
橙線:400Hz,800Hz
桃線:2000Hz,3000Hz,6000Hz

馬改造 未来のブロックレストレモロシステム まとめ

馬改造 未来のブロックレストレモロシステム まとめ

・未来の安ギターはトレモロブロックが無くなる

・ブロックレスは異常なレベルで非整数倍音が減る

・ブロックレスはそれなりに倍音成分が芳醇

・ブロックレスは生鳴りと出力が弱くなる

・非整数倍音の少なさと出力の低さからエフェクターには最適

この記事に掲載の未来は全てフィクションです

🏃💨今すぐ最先端の安ギターを 馬改造 👉👉


管理人の呟き

👑「他の記事も読ませて💖」

Amazon.co.jp ほしい物ランキング_ ベースパーツ で、ほしい物リストとレジストリに最も多く追加された商品
Yahoo!ショッピング - PayPayボーナスがもらえる!ネット通販
【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ
Ibanezより、AZシリーズをもとにした初心者向けギターAZESシリーズが登場!|サウンドハウス
Squier Affinityシリーズのギター_ベースが新登場!|サウンドハウス
FENDER(フェンダー)ギターのおすすめと選び方|サウンドハウス