POS GB100D – 軽めのJUNK日和 Take4💖 –

2021年9月11日改造,軽めのJUNK日和,ギターアンプ,修理,ジャンク品,POS,GB100D



POS GB100D 他POS山盛りセット

👆 POS GB100D 他POS山盛りセット

目次

前回のJUNK日和

» DANELECTRO HONEYTONE N-10 AQUA – 軽めのJUNK日和 Take3💖 –

良くみかける未開封のジャンク品って何?

ジャンク品というものは面白いもので、店舗によってストライクゾーンが異なります。動作不良の程度や外観の破損度合、修理して採算がとれるか否かなど様々です。メンテナンスの人件費がかさむ場合は、そのままジャンク入りする場合もあります。故にあるお店では通常販売される商品も、他店ではジャンクというケースもあるのです。

未開封のジャンク品
未開封のジャンク品

その最たる例は在庫過多等の理由で、大量に引き取られた新品の商品だと思います。皆さんもジャンクコーナーにて、未開封のジャンク品と遭遇した経験は無いでしょうか。例えばインクカートリッジや安価なケーブルは、未開封だろうと大半はジャンク品です。理由はおそらく、未開封でも保障がきかない上に動作確認出来ないからだと推察します。

Copyright © いらすとや 壊れた機械・ジャンク品のイラスト
Copyright © いらすとや

当たり前ですが新品未開封という状態は、動作確認が保証されている訳ではありません。未開封でも経年で外装は劣化する上に、衝撃等で破損している場合もあるハズです。ならば開封して動作を確認すればいい訳ですが、開封すると今度は価値が下がります。更に動作確認の手間が人件費に加算されるため、利益が計算出来なければ無意味です。

Copyright © いらすとや リサイクルショップのイラスト
Copyright © いらすとや

よってこの手の商品は、ジャンクとして投げ売りするのが一番利益率が高くなります。どうみても新品のジャンクに遭遇したら、そういった事情があるものと納得しましょう。

POS GB100D が当時420円!?イラネ

という訳で今回のジャンク品は、15年程前に購入したPOSのギターアンプGB100Dです。オレンジ色のアレと同ブランドにつき、エフェクターファンにはおなじみだと思います。当時POS製品は楽器屋店から消えつつあり、リサイクルショップに進出していました。とは言っても販路が変わったのではなく、在庫品過多品が買い取られたものと推察です。

POS GB100D 他POS山盛りセット

そのため管理人が購入した時は、ジャンクコーナーに大量のPOS製品で溢れていました。お値段は税込み420円と破格でしたが、それでも余り売れなかったのでしょう。数か月経過しても山積みのままだったため、興味本位で購入することになります。年式も古くなかったので、購入直後から現在まで動作不良等や損傷は一切無しです。

あちこち変だよ POS GB100D

POS GB100D キャビネット横アングル
追記:幅80mmしかないゾ

意外に音はそれほど悪くなく、異様に薄いキャビネットが不格好でなんとなく笑えます。スピーカーも5インチとこのサイズでは上等なので、悪い買い物ではありませんでした。ただし当時から気になっていた点として、使用されている部品が怪しいもの揃いです。基盤を見てみると、有名メーカーのコピーパーツと思しきものが使用されています。

POS GB100D 外箱&説明書

コンデンサ等も良く分からないブランドで、見るからに性能は低そうです。部品以前に説明書も怪しさ満点となっており、製造元や販売元の表記が見当たりません。意図的に隠されている印象が否めず、使用部品もロクでもないものなのでしょう。長年そのまま放置していましたが、10年以上も使用していると性能が低下してきました。

POS GB100D 取扱説明書

そこでオーバーホールもかねて、パチモンパーツを丸ごと交換していきたいと思います。

POS GB100D のパチモン半導体を交換する

POS GB100D トランジスタ

まずは基板上で最もパチモン臭が漂う、NPNトランジスタを交換です。型式は1815と記載がある通り、東芝2SC1815と同じような特性となっています。

東芝 2SC1815(L)-Y
東芝 2SC1815(L)-Y

ブランドも分からず本当にセカンドソースなのか不明なので、本物と取り換えましょう。POSにはもったいない気がしますが、東芝2SC1815のイエロー低雑音品種を投入です。

POS GB100D 整流ダイオード

整流用ダイオードは1n4004×4本で、こちらは現在国内外でディスコンとなっています。やはり製造元が良く分からず、少なくともフェアチャイルド等の有名所ではありません。

PANJIT INTERNATIONAL 1S10
PANJIT INTERNATIONAL 1S10

分不相応な気もしますが、ダイオードはすべてパンジットの1S10に交換しました。整流作用は回路全体の電流の質に関わるので、あまり軽視しない方が良いでしょう。以上2か所だけの交換で、クリーントーン時の低音域がかなりシャキっと変化です。微妙な半導体を見かけた際は、ぜひ信頼のおけるパーツと交換してみてください。

半導体交換前周波数特性

POS GB100D 半導体交換前 周波数特性
VOLUME8時 / BASS12時 / TREBLE12時

半導体交換後周波数特性

POS GB100D 半導体交換後 周波数特性
VOLUME8時 / BASS12時 / TREBLE12時

POS GB100D をファズ化MOD

GB100Dは生産時期により、ドライブスイッチの有無の個体が存在します。管理人の個体はドライブスイッチ無しで、歪みの切り替えが出来ません。ボリュームを上げると歪みが増す、1チャンネル1ボリューム仕様です。12時以上に上げると奇数倍音が目立ち、グシャっと潰れた音に変貌します。

POS GB100D ファズ化MOD前基板
交換前

これはこれで味があるのですが、もう少し頑張ればファズ風の音に変化しそうです。半導体以外の部品のオーバーホールの際に、少しだけ定数を変更してみました。ミッドを抑えつつローとミッドハイを僅かに持ち上げて、潰れ感を強調しています。エフェクターには及びませんが、それなりに雰囲気のあるファズ化に成功です。

POS GB100D ファズ化MOD後基板
結局全部品交換した

ギターボリュームに忠実に反応するので、アンプをフルテンでも使えるようになりました。アンプのVOLUMEをMAXにして、ギターボリュームを絞るとクリーンに変化します。

POS GB100D ファズ化MOD後基板 裏側
スペースの足りない部品は裏側へ

ギターボリューム5以上からファズに変化し、全開では唸るような歪みっぷりです。チープなアンプらしからぬ、遊び心溢れるサウンドに仕上がっています。

ファズ化MOD前周波数特性

POS GB100D ファズ化MOD前 周波数特性
VOLUME MAX / BASS12時 / TREBLE12時

ファズ化MOD後周波数特性

POS GB100D ファズ化MOD後 周波数特性
VOLUME MAX / BASS12時 / TREBLE12時

POS GB100D 改造完了💖

POS GB100D 取り外し電子部品

交換部品数はそこそこ多かったですが、作業時間は全体でおよそ20分程度でした。クリーンは適度にローが出るようになり、ジャキっとしたアタックが良好です。

POS GB100D 改造完了 1

ファズ化も思いのほか上手く行き、ミッドハイが暴れる感じが良く出ています。これならPOSのアンプといえど、ファズを鳴らしたい時は手軽に遊べる事でしょう。

POS GB100D 改造完了 2

特に難しい作業はありませが、ジャンク品の修理は火災に直結するので注意が必要です。見極めや作業に一定の慣れが必要となるので、根気強くジャンクで経験を積みましょう。また修理に固執するのは禁物で、状況に応じて割り切る事が大切となります。作業時間と部品代を考慮しつつ、楽しめる範囲内でジャンク品とお付き合い下さいませ。

🏃💨やっぱり新品のギターアンプが欲ちい💖


👑「他のロクでもない記事読ませて💖」