【MOD】 VOX MV50 全機種対応ノイズレスモディファイ大公開💖

2021年6月14日アンプ,ヘッドアンプ,VOX,MV50,MV50-CL Clean,MV50-AC,MV50-CR Rock,MV50-HG High Gain,MV50-BQ Boutique,Nutube

👆 VOX MV50 シリーズ(画像はBQ Boutique)

目次

VOX MV50 でNutube沼一直線!

VOX MV50シリーズは小型ながらも、そのハイセンスなサウンドは折り紙付きです。数多の著名ギタリストをはじめ、一般ユーザーからも高い評価を博しています。各モデルは徹底したアナログ設計は勿論のこと、プリ回路にNutube 6P1を搭載です。更に低発熱のクラスDパワー・アンプを採用し、最大50Wの出力を得る事が出来ます。

フルチューブにも負けぬ暖かな音は、一度体験すれば病み付きになる事間違い無しです。かくいう管理人もNutubeにどハマりした一人で、当然のように全機種を制覇しました。Clean、AC、Rockは最初期に入手し、BoutiqueとHigh Gainも発売直後に入手しています。

VOX MV50 現行全5機種
VOX MV50 現行全5機種

どのアンプも個性が際立っており、狙った音のど真ん中を射抜く秀逸な仕上がりです。アンプの名前の通り、イメージした音がそのまま出てくる爽快感は他に類を見ません。自宅練習や宅録、機材のサウンドチェック、ライブと全方位にフル稼働させています。

VOX MV50 トップ

寿命に優れたNutubeの構造もあり、タフな環境でも難なく使えるのが素晴らしいですね。ギターアンプの新世紀を目の当たりに出来た喜びを、大変嬉しく感じる次第であります。今回はそんな神アンプシリーズを、よりノイズレスに昇華させるMODをご紹介です。

Nutubeを引き立てる VOX MV50 ノイズレスMOD!

MV50各機種において、唯一気がかりなのはノイズだけだと思います。スイッチング電源型のアダプターを採用のため、どうしてもノイズが感じられるのです。とくにRockとHigh Gainについては、ホワイトノイズがかなり大きめに発生します。

ライン録音する際などに、上記2機種が使いにくいのはノイズが原因かもしれません。両機種ともGAINが10時程度でもかなり歪むため、ノイズ対策は必須と言えるでしょう。ノイズの気にならない3機種も、ラインで録音してみるとノイズが確認出来ました。このノイズさえ減少出来れば、本シリーズは最大のポテンシャルを発揮出来るハズです。

Nutube 1

そこで全機種共通で使用出来るMODとして、電源のローノイズ化を推奨します。例えアンプ内部を高品質な部品に交換しても、ノイズ発生源を断たなければ無意味です。電気はよく水に例えられますが、電源が汚れていてはアンプ内部も汚れてしまいます。

Nutube 2

故にクリーンな電源環境を確保し、Nutubeへ新鮮なパワーを届けてあげましょう。電源のクリーン化はノイズが減るだけでなく、音の解像度も大幅に向上です。本MODによってNutubeの底力が一層感じられる、魂を震わす体験に繋がると信じています。

お決まりのお断り

電子工作をはじめとする機材いじりは、全ての作業を自己責任で行う事が基本です。本ブログでは詳しい手順の紹介は行わず、あくまで『方針』のみの提示を行います。その情報を読者様で消化し、個々で作業実施可能かどうかをご判断下さい。

当管理人は作業工程で発生しうる全ての怪我や事故について、一切責任を負う事が出来ません。当然ながら新品購入で保証期間内の場合でも、僅かでも手を加えた場合はメーカーでの修理対応が一切不可となります。少しでも疑問点がある場合や安全面の確証が得られない場合は、作業を中止するのが無難です。

交換部品数は少ないものの厳選不可欠! VOX MV50

電源は各国別ではなく、共通で100V~240Vまで対応のものが採用されています。コンデンサは特殊な容量や耐圧の物がある上に、カテゴリ温度範囲が105度オンリーです。搭載可能な銘柄が限られるだけでなく、入手が難しいものが大半となっています。色々なパーツショップに問い合わせながら、ベストな銘柄を見極めていきましょう。 VOX MV50 MOD ノイズレス化

なんといっても医療機器グレード VOX MV50

MV50の電解コンデンサは、ほぼ全て台湾のSu’sconが使用されていました。主要な箇所には低ESR品が使用されるなど、かなり攻めた部品構成ですね。もう一歩上を目指すならば、医療機器グレードのコンデンサが最適だと思われます。音響グレードは温度補償が85℃が大半な上、大型なのでお勧め出来ません。

Su'scon 電解コンデンサ×2

お勧め以前の問題として、おそらくスペース的に搭載出来ないのです。導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ等も同じで、直径がネックになります。低背小型かつ超低ESR、おまけに温度範囲105℃をクリアするものを選択してください。

おそらく色々候補を絞っていくと、最終的に医療用グレードしか残らないハズです。ここをビシっと決める事が出来たならば、MODの9割は終了したも同然となります。隙間に配置されているセラコンは、積層メタライズドフィルム系に交換しましょう。 VOX MV50 MOD ノイズレス化

特殊容量コンデンサに苦戦必至 VOX MV50

続いて問題となるのは、中央付近にある耐圧高めの電解コンデンサです。こちらもSu’sconの低ESR品が使用されていますが、解像度がイマイチとなっています。ところが容量も耐圧も微妙過ぎて、市販パーツではまず入手不可能な値なのです。国内メーカーではルビコン等に完全適合品種があるので、そちらを検討してください。

Su'scon 低ESR品電解コンデンサ

この電解コンデンサに隠れていますが、真下に別のコンデンサが配置されています。そちらはかなり性能が低いコンデンサにつき、大幅なグレードアップは必須です。スペースが限られますが、積層タイプのコンデンサで非ケミコン化を図りましょう。 VOX MV50 MOD ノイズレス化

余裕のあるスペースに雑音防止コンデンサ VOX MV50

基本構成は以上ですが、追加要素として空きスペースに注目です。電源の入力付近に、意味ありげに隙間の空いている箇所が目につくと思います。基板のプリントから、雑音防止コンデンサ配置用のスペースと推測です。

基板上のスペース

おそらく製造元がオプションで、コンデンサの有無を用意しているのでしょう。雑音防止コンデンサがピッタリ収まるので、余裕があれば増設しておきます。難燃性樹脂ケース採用のモデル以外は、危険なので増設しないように注意です。 VOX MV50 MOD ノイズレス化

綺麗にシーリングして完成

施工後はきちんとケースをシーリングして、密閉された状態に戻しましょう。わずか3工程のみのMODですが、部品を入手するだけでかなり苦労すると思います。

MOD後基板

ですがその労力に見合うだけの、驚異的ともいえるローノイズ化を実現可能です。 VOX MV50 MOD ノイズレス化

全5機種MOD前後のノイズ変化

最後にMV50全5機種に対し、本MODを適用してノイズの周波数特性を計測しました。MOD前のノイズは紫色の波形で表記し、MOD後は緑色の波形で表記です。画像を別窓で開くなどして、ノイズの低下を『目』で実感してみてください。 VOX MV50 MOD ノイズレス化

表の周波数の目安

(左から順に)  
赤線:100Hz,200Hz 
橙線:400Hz,800Hz 
黄線:2000Hz,3000Hz,6000Hz 

MV50-CL Clean

MV50-CL Clean

※フルテンで計測

MOD前

MV50-CL Clean MOD前 ノイズ周波数特性

MOD後

MV50-CL Clean MOD後 ノイズ周波数特性

MV50-AC

MV50-AC

※VOLUMEは12時、他の2つはMAXで計測

MOD前

MV50-AC MOD前 ノイズ周波数特性

MOD後

MV50-AC MOD後 ノイズ周波数特性

MV50-CR Rock

MV50-CR Rock

※全て12時で計測

MOD前

MV50-CR Rock MOD前 ノイズ周波数特性

MOD後

MV50-CR Rock MOD後 ノイズ周波数特性

MV50-BQ Boutique

MV50-BQ Boutique

※VOLUMEは12時、他の2つはMAXで計測

MOD前

MV50-BQ Boutique MOD前 ノイズ周波数特性

MOD後

MV50-BQ Boutique MOD後 ノイズ周波数特性

MV50-HG High Gain

MV50-HG High Gain

※全て12時で計測

MOD前

MV50-HG High Gain MOD前 ノイズ周波数特性

MOD後

MV50-HG High Gain MOD後 ノイズ周波数特性

🏃💨今すぐ VOX MV50シリーズ を探しに行くぜよ💖

👑「どれ、他のMOD関連記事も読んでやるとするかの💖」

VOX MV50 MOD ノイズレス化 VOX MV50 MOD ノイズレス化 VOX MV50 MOD ノイズレス化 VOX MV50 MOD ノイズレス化 VOX MV50 MOD ノイズレス化