生音デカッ!最安キング PLAYTECH ST250SSH Maple レビュー !!

2021年7月26日ギター,サウンドハウス,PLAYTECH,STタイプ,ST250SSH,ST250,激安ギター,エントリークラス,レギュラースケール



👆 PLAYTECH ST250SSH Maple Orange

気が付いたら PLAYTECH ST250SSH Mapleを買っていた件

せっかくのゴールデンウィーク、自宅でゴロゴロしている訳にはいきません。有意義な時間を過ごすべく、先月末に連休用のギターを探していました。お目当ては飽きたら改造ベースにも使える、手ごろなメイプル指板のモデルです。スタンダードな形状のモデルなら市販パーツも多く、改造の幅も大きく広がります。

そういった訳でSTタイプかTLタイプに狙いを定め、色々なサイトを漁っていたのです。ところが探している内に気が付いたのですが、メイプル指板のモデルが見当たりません。エントリー機は大半がインディアンローズで、稀にローレルウッドが使用されています。


メイプル指板モデルはエントリー機の中でも、割高な価格設定となっている模様です。ブランドによってはメイプル指板が用意されておらず、選択肢はあまり多くありません。絶賛激安ギター全盛の令和の世でも、メイプル指板は中々得難い代物となっています。

目次(クリックでジャンプ)

PLAYTECH ST250SSH Mapleはメイプル指板機種業界最安

2万以下のモデルから選んでいる最中、ひと際存在感を放っていたのがPLAYTECHです。PLAYTECHは音響通販大手サウンドハウスが手掛ける、総合楽器ブランドとなっています。本ブランドの最大の魅力は、群を抜き過ぎていると言っても過言ではない価格設定です。他社の同ランク製品と比較し、常に圧倒的コストパフォーマンスを実現しています。

ST250SSH MapleはSTスタイルを遵守しつつ、お値段は諭吉様1枚でお釣りがくるのです。2万を切れば安く感じるメイプル指板モデルの中で、最早比較にならないレベルでした。気が付けば既にカートイン&決済を済ませていた管理人を、誰が責められるでしょうか。今年のゴールデンウィークは君に決めたと、心軽やかに楽しい楽しい連休を迎えます。

PLAYTECH ST250SSH Maple 開封の儀

毎度のことながら、サウンドハウスの出荷対応の迅速さには感服です。ギターは決済後の翌営業日には到着し、連休前に余裕をもって入手出来ました。

PLAYTECH ST250SSH Maple 梱包状態

梱包は一般的なギター用段ボールで、本体は内部で発泡シートに包まれています。エンドピンや四隅に発砲スチロールが添えられているなど、商品への配慮は万全です。低価格帯の商品だからこそ、こういった小さな気遣いが嬉しく感じられますね。

PLAYTECH ST250SSH Maple 付属品

付属品は最小限となっており、アームと大小2種の調整用レンチのみとなっています。

👆 PLAYTECH ( プレイテック ) / ST250SSH ギター入門セット Maple Sunburst

アクセサリー類やアンプが必要な方には、別途『ギター入門セット』も販売中です。2台目以降の方やギターいじり用途など、付属品不要の場合は単品を選択しましょう。

PLAYTECH ST250SSH Maple 基本スペック

■エレキギター
■カラー:オレンジ
■ボディ:ホワイトウッド
■ネック:メイプル ボルトオン
■指板:メイプル
■フレット:22フレット
■ピックアップ: シングルピックアップx2、ハムバッカー×1
■コントロール:1ヴォリューム、2トーン、5WAYスイッチ
■クロームハードウェア
■ブリッジ:シンクロナイズドタイプトレモロ 
※ケースは別売りです。

引用:PLAYTECH ( プレイテック ) ST250SSH Maple Sunburst 送料無料 サウンドハウス

ルックス

PLAYTECH ST250SSH Maple 全体画像

開封しての第一印象は、想像の2段階くらい上のレベルで見栄えが良いと感じました。パっと見で分かる部位に粗雑な要素は無く、汚れや傷も全く見当たりません。安価といえども、必要な要素をコストカットしている訳ではない事が伝わります。

各部ピカピカなスリムSTフォルム

ポリエステルの塗装面は艶々で、クロームのハードウェアもピッカピカです。樹脂パーツも黄ばみや歪みは無く、ビス類の取り付けも適切に行われています。ギターフォルムはストラトを基にしつつ、ボディ周りが幾分スリムな設計です。

PLAYTECH ST250SSH Maple ボディアップ

ヘッドストックはスモールタイプSTで、ネックは全面サテン仕上げとなっています。サラサラのグリップは触り心地が良く、何度も上下に動かしたくなる事請け合いです。

外観は文句なし

メイプル指板のSTタイプが欲しいという場合ならば、ルックス面は◎だと思います。少なくとも外観だけに限っては、本モデルが安っぽく目に映る事は無いハズです。まだ演奏前にも関わらず、謎の高揚感で本機の期待値が一気に爆上がりしています。

演奏性

宝物を見つけた少年のような心境で、演奏性とサウンド面のチェックに突入です。

ペグ

まずは演奏する前の大前提として、チューニング精度の確認を行います。ペグはエントリー機にありがちなカバードタイプではなく、ロトマチックを採用です。各弦のペグ毎に若干トルクのムラがありますが、ネジで調整可能な範囲となっています。

PLAYTECH ST250SSH Maple ネックヘッドアップ

少し硬い&緩いという場合は、ペグボタンに搭載されているネジで調整すればOKです。精度も概ね問題無く、チョーキングを繰り返しても極端に狂うことはありませんでした。

オクターブチューニング

オクターブチューニングについても、出荷時の状態のままで問題無しとなっています。全ての弦の12Fでチェックしましたが、実音とハーモニクスの狂いが無い状態です。

弦高

弦高は気持ち高めのセッティングで、6弦側は2mm以上となっていました。

PLAYTECH ST250SSH Maple 弦高

初心者の方には少し高く感じられるものの、こちらも標準の範囲内だと思われます。ただしチョーキングの際に、少し指と爪の間に引っかかる感じが否めません。しばらく様子を見て、指先が痛くなるようならば弦高の再調整を行いましょう。

ネック

サテン仕上げのネックは滑りが良く、手汗のかきやすい方でも安心です。ネックの調整はバッチリで捩じれ等は無く、適度な順反りを保っています。ストリングガイドも2個搭載なので、弦のテンションバランスも良好ですね。グリップも掴みやすいサイズのCシェイプで、ガッシリと握って演奏する事も出来ます。

PLAYTECH ST250SSH Maple ネック

いわゆる貼りメイプル採用の2P構造のネックで、22Fはつばだし仕様です。つばだしは21Fと同じ感覚で使えるため、21Fから持ち替えても違和感がありません。ピッチもブリッジ側で10.5mmとなっており、弦落ちしにくい構造となっています。

PLAYTECH ST250SSH Maple 22Fつばだし

総じて扱いやすいので、サテン仕上げ特有の汚れの浸透だけ留意すれば良いでしょう。

※サテン仕上げはグロス仕上げと比較して黒い汚れが付きやすい。

ナット

開放弦を左右するナットは、エントリー機御用達の樹脂タイプを採用です。ナットの淵はきちんと面取りされていて、指に引っかかる事はありません。

PLAYTECH ST250SSH Maple ナット

しかし弦の溝の深さは少しラフで、全体的に浅めの加工となっています。出荷時の高めの弦高のままでは、1Fでシャープしやすい状態ですね。慣れている人でもナットの加工は難しいので、まずは弦高を調整しましょう。その上でまだシャープするならば、少しだけナットの溝を掘る必要があります。

フレット

フレットのエッジの処理にバリ等は無く、強く指の腹を滑らせても痛みはありません。

PLAYTECH ST250SSH Maple フレット

指に支障が出るような粗は見当たらないため、激しめの演奏を行っても大丈夫です。表面はツルツルとまではいきませんが、それなりに滑らかな状態に仕上がっています。チョーキングで詰まる事は無く、スライドやグリスを交えても難なく演奏可能でした。

ブリッジ

トレモロブリッジはブロックタイプのサドルで、薄手の亜鉛ブロックを搭載です。一応アーミングも可能ですが、出荷時の状態のままでは少し難しいと思われます。完全なベタ付け設定となっているため、最低でもアームダウンを行う事が出来ません。

PLAYTECH ST250SSH Maple ブリッジ

アームアップも少しぎこちないので、トレモロのフローティング化は必須です。ブリッジの扱いに慣れているならまだしも、初心者では少し調整が難しいと思われます。アームの練習をするならば、慣れている人や楽器店に依頼して調整してもらいましょう。

電装系

ピックアップセレクターは、汎用のクリックが軽い5wayタイプを搭載です。動きは軽いですが、その分リアからフロントまで一瞬で切り替える事が出来ます。MONTREUXなどのスイッチに慣れている場合は、少し動きが軽すぎるかもしれません。

PLAYTECH ST250SSH Maple 電装系

各ポットも同等で、トルクが軽めで簡単にクリクリと回ってしまうタイプです。タメを利かせたボリューム奏法には向かないものの、通常は特に問題が無いと思います。電装系にこだわりのある方は、しばらく使用した後に交換するかどうかをご検討下さい。

サウンド

ルックス面も機能面もかなり良好で、残すはアンプを通しての実音チェックのみです。その前に先述の演奏性チェックの最中に、ひとつ気になった事があります。

ホワイトウッドボディの生音がデカい!

それはこのST250SSH Mapleというギター、やたらに生音がデカいという事です。念のためSQUIER Bulletと比較しましたが、明らかにST250SSHの方が大きく鳴ります。出荷時から手を加えた訳ではなく、見る限り弦も普通の物が使用されている様子です。12F付近で指を軽くひっかけただけでも、相当に大きな音が響き渡ります。

PLAYTECH ST250SSH Maple ジョイント部

太ももの上に乗せて弾くと、ボディの振動がお腹までしっかり伝わってくるのです。ボディ材のホワイトウッドは音響性が高く、バイオリンのトップ材に使用されています。DIYの分野では評価が分かれる素材につき、演奏前はかなり舐めていました。

PLAYTECH ST250SSH Maple バックパネル

湿度による伸縮性も低い素材という事で、湿気の多い日本向きなのかもしれませんね。とにかくこのボディの鳴りは中毒性があり、アンプを通さないでも楽しめるのです。ギター界ではまだ馴染みが浅いですが、結構面白い木材ではないかと思います。

ピックアップはハイ上がりなブライトサウンド

SSHレイアウトのピックアップは、全てフラットポールピースを採用です。若干ポジション毎のバランスが悪く、リアの音量が大きすぎるかもしれません。リアは6弦側の弦との距離が2mmジャストにつき、0.5mm程下げても良いと思います。サウンドは生音の大きさの影響からか、アンプから飛び出す音もかなりパワフルです。

PLAYTECH ST250SSH Mapleリアピックアップ

トーンはハイ上がりな傾向で、ミドルレンジの芯も適度に感じられます。一方ローの出方がやや弱く、この辺りは重量が関係しているのかもしれませんね。基本出力が全体的に高いため、どんなセッティングでもスカっとした音を演出です。

一応ライン録音などで、耳を澄ませて良く聞けば倍音にバラつきがある気もします。それでも不安定さをねじ伏せるパワーがあるため、爽快感が勝るのです。音の分離感は少しぼやけ気味ですが、この価格帯ではそこまで求める事は出来ません。あまり細かい事は考えずに、気持ちいい音で暴れられるタイプのギターと言えますね。

マグネットはおそらくセラミックなので、クリーンも歪みもバリっとした音質です。歪みは結構深くドライブさせられるため、アンプ直でもかなり楽しめます。ノイズはクリーンではほぼ気にならず、歪ませてもそこまで大きくありませんでした。

ボディ鳴りがブリッジの弱さをカバー

唯一ブリッジだけが価格相当に貧弱ですが、それでもサスティーンは良好です。ボディ鳴りが非常に良いため、ブリッジ度外視にギター全体が上手く鳴ってくれます。ネックにも良く振動が伝わるので、フレットの鳴りもかなり良い塩梅です。パワーのあるピックアップと相まって、サスティーンは全く問題無いと思います。

PLAYTECH ST250SSH Maple 総評

業界最安値でありながらも、本モデルは確実に価格帯以上の充実度を誇る商品です。長く続くか分からないけれど、ギターをはじめたい方には打ってつけとなっています。出荷時のままでも使えるコンディションも然ることながら、この価格は魅力的ですね。家族や友人にギターの調整が出来る人がいるならば、不安要素はほぼありません。

小物類やアンプも必要な時は、初心者セットが用意されているのも高ポイントです。もちろん2台目以降としても十分で、この価格ならば気軽に使い倒せる事でしょう。湿気に強いボディ材という事もあり、屋外やトラベル用途にも良いかもしれません。

パーツ類はまだまだ手を加える余地があるため、改造ベースとしても最適です。楽器としての性能を損なわない仕上がりの良さは、企業努力の賜物と言えますね。安いからといって安さに妥協せぬ、元気などデカいボディ鳴りを体感してください!

次回は ST250SSH Maple を分解し、パーツ単位でより細やかなデータを調べていきます。

🏃💨今スグ PLAYTECH ST250 シリーズ を探しに行く💖

👼「ST250はPUレイアウトで2種、指板で更に2種ラインナップされているわ!」


ST250SSH Maple

ST250SSH Rose

ST250 Maple

ST250 Rose

👑「どれ、他のギターレビューでも読むとするかの💖」

安ギターといえばコレ、PLAYTECH ST250をレビュー!魔改造するならST250に決まり!初心者にも超おすすめ!爆発的セールスを記録したST250で、君も素晴らしいギターライフへ一直線!

改造しようぜST250!魔改造しまくろうぜST250!超お手軽改造で最強のギターに大変身!ボディ激鳴りPLAYTECHST250で神ギターを手に入れろ!