[激安ギター弦] Orphee RX15 Amazon最安弦ってどんな音?

2021年11月27日Amazon,激安パーツ情報,ギター弦,エレキギター弦,Orphee,RX15

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング_ エレキギターパーツ の中で最も人気のある商品です
Orphee RX15 - 5パックエレキギター弦セットギター交換用アクセサリー

👆 Orphee RX15 – 5パック

目次

2021.11.27追記

11月後半に入り、本品が記事掲載時よりも値上がりとなりました。記事本文の訂正は行いませんが、現在Playtechの弦より高額となっております。安価というメリットが損なわれていますので、その点をご留意下さい。

最新神安ギター情報記事

Amazon.co.jp ほしい物ランキング_ エレキギターパーツ で、ほしい物リストとレジストリに最も多く追加された商品
エレキギター ローステッド(楽器、手芸、コレクション)の商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
【楽天市場】エレキギター ローステッドの通販
サウンドハウス - PA音響機器、DJ・DTM、照明機器、ステージ、カラオケ機材の全国通販

PLAYTECHエレキギター_ベースにカーボナイズド・ネック仕様登場!|サウンドハウス

激安ギター弦 Orphee RX15 ご存じですか?

今年に入り安ギター弦のエース、FERNANDES GS1500-XLがサウンドハウスから消えました。該当弦はサウンドハウスで購入の場合、1セット単価換算で200円を切る激安弦です。PLAYTECHブランドの弦よりも安価だったため、愛用者もかなり多かったと思います。

安価でも日本製という事もあり、一定の品質とサウンド傾向を備えていたのが特徴です。かつて本ブログで安ギター弦を調べた際、出力と低音域で良好な結果を残していました。Aria Pro IIの弦も値上がり傾向につき、現在PLAYTECH EGS-0942が最安となっています。

そこで国内流通の少ない海外製品に注目すると、PLAYTECHより安価な弦も散見です。筆頭は Orphee RX15 で、GS1500-XLの単価に迫る程の低価格で販売されています。Amazonでは5セットパックがお手頃価格となっており、もちろん海外発送料込みです。

Orphee RX15 - 5パックエレキギター弦セットギター交換用アクセサリー

果たしてEGS-0942よりも安価な弦がどの程度の音なのか、ザックリ見ていきましょう。

安ギター弦比較記事

Orphee RX15 外観

5セットパックは専用パッケージ等は無く、1セットパックが5個同封されています。一応ビニール袋に封入されていますが、添付されているのは識別用バーコードのみです。

Orphee RX15 5パックエレキギター弦セット 袋詰め

予定納期は10~16日となっており、実際の到着日は注文日からおよそ12日後でした。

Orphee RX15 5パックエレキギター弦セット

単品のパッケージはデザインもしっかりしたもので、金属パックを採用しています。

Orphee RX15 パッケージ裏

中国製の弦なのですが、パッケージに使用されている言語はほとんどが英語です。部分的に中国語が表記されているものの、なんとなく書いている事が分かると思います。

酸化に強い二重パッケージ

開封すると更に弦が別の金属パックに封入されているため、二重構造になっていました。酸化しにくい構造なので、ある程度長期保管にも対応出来るかもしれません。

Orphee RX15 二重パッケージ

弦を指でなぞってみた感想としては、異様なほどフニャフニャとした触感です。.009~.042のゲージにも関わらず、.008~.038のゲージに近い触り応えとなっています。(フラット側はそうでもないが、ワウンド側が特に柔らかい)

Orphee RX15 ポールエンド

ポールエンド部分は結構巻き数が多く、弦毎に色分けされている状態です。ワウンド弦3本の先端は、トッポの如く最後まで全てがワウンドされています。

Orphee RX15 ワウンド弦

ペグポストへ通す際にやや不便な気がしますが、コストカットの影響なのでしょう。

絶妙な職人技、コーティング、防錆です。

引用:Amazon _ 5パックエレキギター弦セットギター交換用アクセサリー – RX15 _ ベース弦 _ 楽器・音響機器

ちなみに説明欄ではコーティング弦を主張しているものの、非コーティング弦でした。(弦表面をヤスリで削ったものの、コーティング層が削れる気配がありません)

交換

実際にERNIEBALL Super Slinky #2223から交換してみた所、柔軟過ぎる印象です。#2223で0.8mm程度の低弦高にセットしたギターでは、6弦がビリついて使えません。同じ太さでも柔軟性が高過ぎるため、弦の揺れ幅が大きくなったものと推察します。

Orphee RX15 開封

揺れ幅と言っても音量が大きくなる訳ではなく、むしろ生鳴りが小さくなりました。ネックに伝わる弦振動の余韻が感じられないので、とても音が軽く感じられるのです。チョーキングやビブラートはしやすいものの、全体的に音がスケールダウンしています。

ボーカロイドキーボード×初音ミク コラボレーションモデル登場!|サウンドハウス

Super Slinky #2223と比較!

ERNIE BALL ( アーニー・ボール ) Super Slinky #2223 _ サウンドハウス

主観的な評価では確実性に欠けるため、交換前の#2223のサウンドデータと比較です。Super Slinkyはトーンチャートが公表されているため、比較対象に向いています。

ERNIE BALL ( アーニー・ボール ) Super Slinky #2223 トーンチャート

#2223のトーンチャートは、出力8、低、中、高音域がオール7の設定です。今回は倍音特性、周波数特性、サスティーン、以上3項目について調べました。

計測に使用した機材一覧

ギター:SQUIER / Bullet Stratocaster Tropical Turquoise
ペグ:GOTOH / SG381 STANDARD (SG381-07-L6)
ナット:FENDER YJM Brass Nut
リアピックアップ:DIMARZIO DP184 WHITE THE CHOPPER
ブリッジ:FENDER Standard Strat Big Block Chrome Tremolo Bridge Assembly

倍音特性の比較 (A2/110.00Hz)

Orphee RX15 交換後 ワウンド弦側

倍音は周波数が分かりやすいように、5弦開放弦のスペクトラムを採用しています。

1.Super Slinky #2223

Super Slinky #2223 倍音特性の比較 (A2/110.00Hz)

長年愛されている弦だけあり、非常に優秀な倍音特性を計測しました。第2倍音が最も大きく、目立った奇数次倍音が存在しません。偶数次と奇数次を問わず倍音が芳醇で、音の密度の濃さを体感可能です。

2. Orphee RX15

Orphee RX15 倍音特性の比較 (A2/110.00Hz)

弦振動が安定しないせいか、随所に余計な非整数倍音が計測されています。波形の矢印の2箇所が特に目立っており、ビリつくような金属的かつ濁った音です。倍音量自体はそれなりに多いものの、シャギーでラフな傾向の倍音だと言えます。

倍音特性波形の周波数目安

左から2つ目の山(中央灰色線)が基音110Hz
偶数次倍音:第2倍音(220Hz)、第4倍音(440Hz)、第6倍音(660Hz)……
→ナチュラルで暖かな傾向の響き、多いほど親しみを感じやすいという研究結果も
奇数次倍音:第3倍音(330Hz)、第5倍音(550Hz)、第7倍音(770Hz)……
→金属的で冷たくメカニカルな傾向の響き
非整数倍音:各倍音の谷などに含まれるが音程を感じさせない

周波数特性の比較

Orphee RX15 交換後 ピックアップ周り

周波数特性はDI直で同一のフレーズを30秒録音し、スペクトラムを比較しました。

a.Super Slinky #2223

周波数特性の比較 Super Slinky #2223

トーンチャートに掲載の値そのままに、非常に優秀な周波数特性を計測です。全帯域がバランス良く出力されているため、オールラウンドに対応出来ます。

トーンチャート

出 力:8 / 低音域:7 / 中音域:7 / 高音域:7

b. Orphee RX15

周波数特性の比較 Orphee RX15 補正前
-5dB(補正前)

#2223と比較すると、なんと最大出力が-5dBも低下している事が発覚です。生鳴りの印象通りに出力が低下し、周波数特性の波形の山も小さくなってしまいます。このままでは比較しにくいため、出力を+5dB補正して波形の山を揃えました。

周波数特性の比較 Orphee RX15 補正後
±0dB(補正後)

補正後は#2223と中音域は同程度ですが、低音域と高音域の弱さが浮き彫りです。これほど出力と周波数特性が低下すると、逆にサウンドメイクに活かせます。低音が出過ぎる場合や高出力機などでは、エフェクターの反応が良くなるハズです。ピックアップ交換と同じ位に音が変化するので、使い方によっては面白いと思います。

推定トーンチャート

出 力:3 / 低音域:3 / 中音域:7 / 高音域:3

波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz
橙線:400Hz,800Hz
桃線:2000Hz,3000Hz,6000Hz

サスティーンの比較

Orphee RX15 サスティーンの比較

サスティーンはシンプルに、開放弦Eコードを1ストローク鳴らして計測しました。基準となる#2223を0とし、交換後に±何%音が伸びたかを掲載です。計測したデータを元に、平均%、最小%、最大%の3通りのデータを算出しています。

Orphee RX15 交換後サスティーン

平均:-41%

最大:-39%

最小:-40%

音量補正後はまた違った結果になるのですが、今回は生鳴りベースで比較した結果です。最大出力に-5dBも差があるため、RX15がサスティーンで優位に立てる訳がありません。#2223と比較すると、著しく音伸びが悪くなる事を念頭に置いておきましょう。

Orphee RX15 まとめ

Orphee RX15 まとめ

・国内流通最安弦よりも更にロープライス

・.008~.038のゲージと錯覚するほど柔らかい

・周波数特性は低音域と高音域が非常に弱い傾向

最大出力と同時にサスティーンも低下する

・極端に音が変化するため使い方次第で音作りに活用可能

🏃💨今すぐ Orphee RX15 で安く済ませる💰

Amazon.co.jp ほしい物ランキング_ エレキギター で、ほしい物リストとレジストリに最も多く追加された商品

👑「他の記事も読ませて💖」



BOSS Loop Station(ループステーション)の選び方|サウンドハウス
FENDER(フェンダー)ギターのおすすめと選び方|サウンドハウス