[激安] ステンレス製 ギターピック 0.3mm ってどんな音?[メタルピック]

2022年5月10日アクセサリー,ピック,ステンレス,ティアドロップ型,素朴な疑問

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング_ エレキギターパーツ の中で最も人気のある商品です
ステンレス製 ギターピック 0.3mm / Generic たくさんの20のステンレススチールギターピック0.3mm薄いにベースまたはエレリック - 大きなハート型

👆 ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型(ティアドロップ)

目次

ギター _ 楽器 - 人気ブログランキング

注意!

この記事は絵面が著しく地味です!

おまけにアハハウフフと笑えるような内容でもありません!

Amazon.co.jp ほしい物ランキング_ エレキギターパーツ で、ほしい物リストとレジストリに最も多く追加された商品
エレキギター ローステッド(楽器、手芸、コレクション)の商品一覧 通販 - Yahoo!ショッピング
【楽天市場】エレキギター ローステッドの通販
サウンドハウス - PA音響機器、DJ・DTM、照明機器、ステージ、カラオケ機材の全国通販
サウンドハウス - PA音響機器、DJ・DTM、照明機器、ステージ、カラオケ機材の全国通販

ステンレス製 ギターピック 0.3mm ってどんな音?

近頃はピックを選ぶ要素の1つとして、素材の選択肢の幅がとても広がっています。定番のセルロイドやナイロン、ポリアセタールなどは多くの形状に採用される素材です。

厚みを重視した選択ではアクリル製や木製など、1mm以上のピックも増えてきました。一方減少傾向にある素材としては、金属製ピックが挙げられると思います。

店頭のピックコーナーでも見かけない事が多く、ネット通販でも種類はごく少数です。独特の引っ掛かりや硬質なアタック感を好む方にとっては、不遇の時代かもしれません。

しかし海外の激安ピックに目を向けると、メタルピックもそれなりに流通しています。その大半はノーブランド製となっており、無地のシンプルなデザインが中心です。

10枚以上のセット販売となっている場合もあり、価格もかなりお手頃となっています。今回管理人が目をつけたのは、厚さ0.3mmのステンレス製ティアドロップ型ピックです。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm / Generic たくさんの20のステンレススチールギターピック0.3mm薄いにベースまたはエレリック - 大きなハート型

他にもトライアングル型に加え、ジャズタイプも選択可能の模様でした。入り数は20枚と大容量で、お値段は値上げ前のうまい棒80本未満程度で推移しています。

現在0.3mmのピックはあまり見かけないため、希少性いう点でも魅力的ですね。

せっかくの機会ですので、他のティアドロップ型ピックと弾き比べてみたいと思います。Amazonベーシックのナイロンピック0.58mmを比較対象に、音の違いを見ていきましょう。

Amazon.co.jp_ Amazonチャージ ギフト券を現金チャージで最大2.5%ポイント_ ギフト券

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型

弾き比べの前に、取り寄せたステンレスピックを一通り簡単にチェックです。バルク品的な商品につき、パッケージは無地の質素なビニール袋を採用しています。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / パッケージ

20枚まとめて袋入りとなっており、製造元やロゴ等の表記は一切見当たりません。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / パッケージ裏

取り出して並べてみたところ入り数に問題は無く、極端な不良個体も無しでした。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 全20枚
思ったよりも剛性有り

ちなみに商品ページの分類では、『大きなハート型』がティアドロップ扱いです。

細部の仕上がり

表面は結構傷が多く、やや研磨不足の箇所が目立つ個体が大半となっています。形状も個体毎に微妙な違いがあるなど、加工精度はそれほど高く無い様子です。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 細部の仕上がり1

例えばこちらの個体は淵がギザギザで、明らかに面取りが不十分となっています。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 細部の仕上がり2

別の個体は輪郭線が少しいびつとなっており、近くで見ると随所がグニャグニャです。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 細部の仕上がり3

最後の個体は前の2つよりは滑らかですが、やはりカーブの加工が甘く感じられます。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 細部の仕上がり4

全体的に価格帯相当の加工精度につき、綺麗なティアドロップ型ではありません。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 細部の仕上がり5

面取りがイマイチで肌を痛めそうな個体もあるため、個体差を調べてみました。

個体差

全20枚の触感や使い勝手を確かめたところ、使用に難のある個体の数が4枚です。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 個体差1

内3枚は先端部の面取りが不十分で、エッジが鋭すぎる状態となっています。金属ピックは総じて弦が引っ掛かる手応えを生みますが、その感触が強過ぎですね。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 個体差2
この4枚がそのままでは使用不可

糸面取りみたいになっているため、Rが出るように削り直した方が良いでしょう。内1枚は短い辺の箇所が尖っており、ピックを掴むだけでも肌を痛めてしまいます。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 個体差3
青く塗られた箇所が尖っている箇所

4枚とも縁を整え直せば使用出来る範囲なので、余力のある方は修正を推奨です。手間をかけるのが面倒な場合は、低価格故のハズレ個体として諦めて下さい。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 個体差4
エッジが鋭い(許容範囲) 3枚

残りの16枚はいずれも問題無く使用出来る状態ですが、やはりエッジに差を感じます

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 個体差5
気持ち鋭い 5枚

大まかに分類してエッジが鋭いのが3枚、気持ち鋭いのが5枚、標準的なものが8枚です。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 個体差6
(金属製としては)標準的エッジ 8枚

加工精度の甘さから統一感が無く、使いやすい物とそうでない物に分かれると思います。1枚当たりうまい棒4本程度の商品につき、ある程度寛大な気持ちで受け止めましょう。

寸法

商品ページによると、ティアドロップ型(ハート型)の公表寸法は30.0×25.6mmです。デジタルノギスで確認測したところ、30.0mm側の実測値はほぼその通りでした。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 寸法1

25.6mm側は若干短い長さとなっており、実測値は25.3±0.1mm程度となっています。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 寸法2

厚さは0.3mmとの事でしたが、0.2mmと0.3mmの間でややブレを確認です。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 寸法3
※1枚の厚さ

5枚まとめての厚さが1.4mm程度につき、0.3mmよりも幾分薄いのかもしれません。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm 大きなハート型 / 寸法4
※5枚まとめての厚さ

0.2mmと0.3mmが混ざっている訳ではなく、0.28mm程度の個体が多いのだと推察します。


PLAYTECH アコースティックギター新製品続々入荷!|サウンドハウス

倍音特性 (A2/110.00Hz)

ではEART EXPLORER-Iを使い、ナイロン製0.58mmとステンレス製0.3mmを弾き比べです。

[レビュー] EART EXPLORER-1 三万台最強神安ギター💖 [全身ローステッド]
👆 2倍以上値上がりした奴

倍音は周波数が分かりやすいように、5弦開放弦のスペクトラムを採用です。

倍音特性 (A2/110.00Hz)

アタックポイント、位置、力加減を極力揃えた上で、平均的倍音特性を算出しています。

1.ナイロン製 ギターピック 0.58mm

ナイロン製 ギターピック 0.58mm / 倍音特性 (A2/110.00Hz)

以前EXPLORER-Iをレビューした際には、ポリアセタール0.8mmのピックを使用しました。レビュー時のデータと比較すると、非整数倍音が多く奇数倍音に寄りやすい傾向です。とは言え極端な差ではなく、薄くなった分だけ微妙に変化する程度の感覚だと思います。

2.ステンレス製 ギターピック 0.3mm

ステンレス製 ギターピック 0.3mm / 倍音特性 (A2/110.00Hz)1

ステンレスはナイロンともポリアセタールとも、明らかに異なる倍音に変化です。奇数次倍音が目立たなくなっており、第7、第9倍音が大幅に減衰しています。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm / 倍音特性 (A2/110.00Hz) 非整数倍音2
基音~第8倍音間の非整数倍音

全体的な非整数倍音も減少していますが、クセのある鋭い非整数倍音も確認です。ピックと弦の引っ掛かりが生む、独自の金属的な響きが要因かもしれません。

倍音特性波形の周波数目安

左から2つ目の山(中央灰色線)が基音110Hz
偶数次倍音:第2倍音(220Hz)、第4倍音(440Hz)、第6倍音(660Hz)……
→ナチュラルで暖かな傾向の響き、多いほど親しみを感じやすいという研究結果も
奇数次倍音:第3倍音(330Hz)、第5倍音(550Hz)、第7倍音(770Hz)……
→金属的で冷たくメカニカルな傾向の響き
非整数倍音:各倍音の谷などに含まれるが音程を感じさせない

周波数特性

周波数特性

周波数特性はDI直で同一のフレーズを30秒録音し、スペクトラムを比較しました。

i.ナイロン製 ギターピック 0.58mm

ナイロン製 ギターピック 0.58mm / 周波数特性

ミッドレンジ以外は少し力感が無く、低音域も高音域も控えめとなっています。その分中音域を主張しやすいため、イコライザーを使った調整がしやすい傾向です。

ii.ステンレス製 ギターピック 0.3mm

ステンレス製 ギターピック 0.3mm / 周波数特性

ナイロン製よりも250Hz付近が少し弱いのみで、バランス感が良い傾向だと思われます。とりわけ400~2kHz付近の伸びが非常に良く、0.8mmのポリアセタール以上です。流石に250Hz以下や3kHz以上は負けますが、本品は厚さが半分以下となっています。0.8mm厚にも引けを取らない秀逸なバランス感は、ステンレスピックならではでしょう。


Ibanez 2022年新商品が入荷!|サウンドハウス

ピックスクラッチ(5-6弦間)

ピックスクラッチ(5-6弦間)

周波数特性の計測と同じ環境を維持し、ピックスクラッチのトーンも確認です。ピックを5-6弦に当てた状態で、リアPUから7Fまで2秒間かけてスクラッチします。数十回試行の上でミステイクを除外し、平均的周波数特性の傾向を割り出してみました。

a.ナイロン製 ギターピック 0.58mm

ナイロン製 ギターピック 0.58mm / ピックスクラッチ(5-6弦間)

900~1kHzを頂点とし、左右非対称な波形の山を形成です。低音域側のカーブは滑らかとなっており、雑味の少ないスクラッチ音を再現します。

b.ステンレス製 ギターピック 0.3mm

ステンレス製 ギターピック 0.3mm / ピックスクラッチ(5-6弦間)

ナイロン製よりも鋭角的なスクラッチで、山の頂点は1.4kHzのみに集中です。波形は左右非対称かつカーブが滑らかではなく、随所に小さな山と谷を形成しています。非整数倍音の多さが、不規則な金属的な響きとして反映されている様子ですね。

ブリッジミュート(6弦開放弦)

ブリッジミュート(6弦開放弦)

最後に周波数やスクラッチと同じ環境のまま、ブリッジミュートも確認しました。6弦のE開放弦の単音を使用し、ダウンピッキングのみを続けます。60秒間BPM180で8分の刻みを継続し、平均的周波数特性の傾向を割り出してみました。

A.ナイロン製 ギターピック 0.58mm

ナイロン製 ギターピック 0.58mm / ブリッジミュート(6弦開放弦)

基音は約82Hzですが、250Hz(約247Hz)付近に波形の山が集中です。低音が迫力不足で高音にも余韻が少ない反面、E音だけが綺麗に前に出やすく感じます。

B.ステンレス製 ギターピック 0.3mm

ステンレス製 ギターピック 0.3mm / ブリッジミュート(6弦開放弦)

低音~高音まで広がりのあるミュート音で、基音以下の重低音の迫力も十分です。ところが引っ掛かりがアタックにスクラッチ感を加味するため、雑味も増えています。この辺も非整数倍音が発生しやすい特性そのままにつき、余韻に音程感がありません。

ステンレス製 ギターピック 0.3mm / ブリッジミュート(6弦開放弦)
3.5kHz付近

高音域が抜けるというよりも、シャリシャリした余計な音として聞こえる事でしょう。またオルタネイトの場合はアップが異様に難しく、慣れを要する可能性が高いです。高速オルタネイトが盛り込まれている曲は、事前に良く確認した方が良いと思います。

ギター _ 楽器 - 人気ブログランキング

🏃💨 ステンレス製 ギターピック 0.3mm でダイエットした気分に浸る🍖

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング_ エレキギターパーツ の中で最も人気のある商品です
Amazon.co.jp_ Amazonチャージ ギフト券を現金チャージで最大2.5%ポイント_ ギフト券

👑「他の記事も読ませて💖」


PLAYTECHより、アコースティックギター新製品「AD28C」登場!|サウンドハウス
PLAYTECHアコースティック新製品AD35CE登場!|サウンドハウス
売れ筋商品ランキング|サウンドハウス