【全10種】 ピック トライアングル型 ピックスクラッチ耐久王選手権💖 【削リンピック】

2021年7月27日アクセサリー,ピック,調査,耐久性



👆 ピック トライアングル型 ピックスクラッチ耐久王選手権

目次

ピック トライアングル型 って耐久力違うの?

昨今様々な材質と形状のピックが発表されており、選択の幅が非常に増えています。硬さや音や触り心地、ニュアンス、エッジの鋭さなど、拘りポイントは十人十色です。なによりもピックは消耗品故に、その耐久度が気になるという方も多いと思います。大半の人は直観的に、体積が大きければ大きいほど耐久力がある印象を抱くハズです。

中でもトライアングル型はサイズが大きいため、見るからにタフそうに映ります。しかし実際にピックを使い比べてみると、意外にも外観の印象と耐久性は一致しません。同一素材でも明らかに減りの早いものや、一向に減る気配を見せない銘柄もあるのです。

見切り発車感満点のラインナップ

そこで今回はトライアングル型のピックを10種集め、耐久性を調べてみました。ピックを著しく消耗させるプレイは、ピックスクラッチをおいて他にないと思います。ならば全10種のピックを使い、それぞれ100回のピックスクラッチをキメて検証です。果たしてピックによる耐久性の差はいかほどなものか、物理でハッキリさせましょう!

💪ピック トライアングル型 削リンピック、緊急開催!

検証方法

検証には、リアにDP184を搭載したSQUIER Bullet Stratocasterを使用します。ただ検証するだけでは味気が無いので、ピックスクラッチの周波数特性も同時計測です。耐久性とサウンド特性がダブルでわかる、一粒で二度おいしい実験となっています。

Hughes&Kettner ( ヒュースアンドケトナー ) / SPIRIT OF Vintage

ギターアンプはHughes&Kettner SPIRIT OF Vintageで、LINE OUTから録音しました。セッティングについては上記画像の通りで、インターフェース直結です。耐久性は100回後の淵の状態に加え、ひっかかりを感じ始めた回数も記録しています。

使用機材

ギター:SQUIER Bullet Stratocaster Tropical Turquoise
ナット:FENDER YJM Brass Nut
リアピックアップ:DIMARZIO DP184 WHITE THE CHOPPER 
ブリッジ:FENDER Standard Strat Big Block Chrome Tremolo Bridge Assembly 
弦:ERNIE BALL / Super Slinky #2223

シールド:Aria Pro II / JG-10X (10ft/3m, S/S)×2

AMP:Hughes&Kettner / SPIRIT OF Vintage
AIF:YAMAHA / AG03
(CH1,LEVEL:標準ライン,GAIN:3.5,全エフェクト無し,INPUT MIX)

表の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz 
橙線:400Hz,800Hz 
黄線:2000Hz,3000Hz,6000Hz

Aria Pro II / P-HT01/080 YL

『HYPER TOUCH』シリーズのトライアングル型で、厚さは0.8mmのイエローです。異様なレベルで使い減りしにくく、100回擦っても全く削れませんでした。当然ながらひっかかりは0回で、1回目の使用感を保つ超タフガイピックと言えます。

ピック トライアングル型 Aria Pro II / P-HT01/080 YL
100回スクラっても常軌を逸したタフさ!

耐久性はピカ一ですが、サウンド面ではあまり迫力の無いスクラッチ音です。中心周波数はおよそ1,400kHz付近で、低音がほとんど出ない軽い音に聞こえます。

ピック トライアングル型 Aria Pro II / P-HT01/080 YL 周波数特性

素材:ポリアセタール

カラー:イエロー

厚さ:0.8mm

中心周波数:1,400Hz

ひっかかり:0回目

特記事項:全然減る気配が無い

Aria Dreadnought / P-AD01/060 BK

同じくHYPER TOUCHシリーズのピックで、ドレッドノートから発表の黒0.6mmです。こちらも相当に耐久性が高く、100回擦って若干淵に傷跡がつく程度となりました。消耗は発生しましたがひっかかりは感じず、安定した使用感を保っています。

ピック トライアングル型 Aria Dreadnought / P-AD01/060 BK
薄くてもタフ!

サウンドは0.8mmタイプより迫力があり、低~中音域が大幅にパワーアップです。中心周波数はほぼ同じですが、ギュイーンと唸る音が心地良く響きます。

ピック トライアングル型 AriaDreadnought / P-AD01/060 BK 周波数特性

素材:ポリアセタール

カラー:ブラック

厚さ:0.6mm

中心周波数:1,400Hz

ひっかかり:0回目

特記事項:ほとんど減らずに使用可能

ARIA / RUBBER GRIP MEDIUM BK

グリップ面に特殊なドットラバーを施した、滑り止め付きのピックです。材質はセルロイドですが、ラバー面の触り心地がナイロンに近く感じます。滑り止め加工で演奏性は良好ですが、それなりに消耗して削れていく模様です。

ピック トライアングル型 ARIA / RUBBER GRIP MEDIUM BK
HYPER TOUCHよりは消耗が顕著

サウンドはHYPER TOUCHより重心が低く、100Hz以下の音もかなり出ていました。

ピック トライアングル型 ARIA / RUBBER GRIP MEDIUM BK 周波数特性

素材:セルロイド

カラー:ブラック

厚さ:0.75mm

中心周波数:900Hz

ひっかかり:30回目

特記事項:グリップ力が強く低音域が豊か

BestSounds / ギターピック おにぎり

BestSounds ギターピック おにぎり 12枚セット 0.96mm ハードギターピックトライアングル/オニギリ型 guitar pick ヘビー 可愛い白い寿司パターン ベース、アコースティック、エレクトリックギター用ピックセット

先日別の記事で紹介したピックで、両面におにぎりのイラストが描かれています。厚さは0.96mmと十分ですが、耐久性は他のピックよりも相当低いです。10回到達前から引っ掛かりはじめ、100回後には全域がボロボロになりました。

ピック トライアングル型 BestSounds / ギターピック おにぎり
10回擦る前に溝が……(痛そう)

音色はAria3種よりも更に低音域が強く、中~高音域は控えめの傾向となります。

ピック トライアングル型 BestSounds / ギターピック おにぎり

素材:セルロイド

カラー:ホワイト&プリント

厚さ:0.96mm

中心周波数:500Hz

ひっかかり:8回目

特記事項:厚く最も体積があるが激減り

FENDER / 346 Shape White Medium

クラシックセルロイドを採用した、実店舗での普及率が非常に高いピックです。大体の楽器店に常備されているので、ネットを利用しなくても簡単に入手出来ます。使い始めの耐久性は程々に高いものの、30回付近から消耗が加速していきました。

ピック トライアングル型 FENDER / 346 Shape White Medium
30回前後は安定!

音は雑味が少なくまとまりがあり、お手本にしたいようなスクラッチ音ですね。

ピック トライアングル型 FENDER / 346 Shape White Medium 周波数特性

素材:クラシックセルロイド

カラー:ホワイト

厚さ:0.8mm

中心周波数:600Hz

ひっかかり:32回目

特記事項:適度に丈夫で理想的スクラッチ音

GIBSON / 73M

通常のミディアムタイプよりも、幾分柔軟性を感じるタッチ感を備えています。本品も普及率が非常に高いため、楽器店の店頭ではほぼ確実に入手可能です。

ピック トライアングル型 GIBSON / 73M
消耗し始めると弦が絡むような触感へ

耐久性はフェンダーと同程度ですが音は硬質で、中高音域がギュっと絞られています。消耗した溝が弦に挟まるような、独特の感触のひっかかりが発生する点に注意です。特筆事項として、スクラッチの音量が他より非常に大きくなります。

ピック トライアングル型 GIBSON / 73M 周波数特性

素材:セルロイド

カラー:ブラック

厚さ:0.73mm

中心周波数:350Hz

ひっかかり:30回目

特記事項:適度に丈夫で音量がデカい

PLAYTECH / EGS-0942 付属ピック

サンプル画像はオレンジパールですが、管理人が購入したものは紫色のピックです。薄さは0.5mmと今回の検証では最も薄く、耐久性もやや低めとなっています。ギブソン以上に挟まるような食い込みがあり、出音の安定感が消耗に伴い激減です。

ピック トライアングル型 PLAYTECH / EGS-0942 付属ピック
おまけピックも100回イケる!(激減り)

音は全体的にシャギーで荒っぽく、消耗前は勢い溢れる残響音がクセになります。

ピック トライアングル型 PLAYTECH / EGS-0942 付属ピック 周波数特性

素材:セルロイド

カラー:パープル

厚さ:0.5mm

中心周波数:550Hz

ひっかかり:13回目

特記事項:耐久性は低いがリバーブ的残響音アリ

PICKBOY / GP-17RA 0.75

メーカー公式データでは、耐摩耗性が標準(5段階で3)判定のピックです。どちらかというとアコギ向けのピックにつき、ハードなプレイには向きません。計測した中では最も面積が広いですが、耐久性が一番低い結果となりました。

ピック トライアングル型 PICKBOY / GP-17RA 0.75
測定銘柄の中では最も深く消耗

サウンドは低音域で部分的に弱い箇所があり、金属音的ニュアンスが強くなります。

ピック トライアングル型 PICKBOY / GP-17RA 0.75 周波数特性

素材:セルロイド

カラー:レインボー(クリア)

厚さ:0.75mm

中心周波数:700Hz

ひっかかり:5回目

特記事項:面積は広いがピックスクラッチに対する耐久性無し

TOWER RECORDS / MEDIUM 0.75mm

タワーレコードオリジナルグッズで、3色各1枚入りピックのホワイトカラーです。ファングッズ的な意味合いが強いため、耐久性はかなり低めとなっています。体感的には淵が小刻みに減っていき、回数によらず均等に消耗していく印象です。

ピック トライアングル型 TOWER RECORDS / MEDIUM 0.75mm

音はピックボーイの低音を一層絞った感じで、ゲームのビームSE風となります。

ピック トライアングル型 TOWER RECORDS / MEDIUM 0.75mm 周波数特性

素材:セルロイド

カラー:ホワイト

厚さ:0.75mm

中心周波数:800Hz

ひっかかり:13回目

特記事項: 消耗は激しいが均等に削れやすい

GRECO / MEDIUM パール(廃盤)

2000年代前半頃まで販売されていた、グレコの廃盤となったピックです。耐久性が思いのほか高く、HYPER TOUCHに次ぐタフさを披露しました。しかし消耗後は一気に安定感が悪くなり、スクラッチの響きが高音寄りに変化します。

ピック トライアングル型 GRECO / MEDIUM パール(廃盤)
タフだけど減り始め以降は安定感減少

中心周波数以外は全体的に控えめで、風切り音のようなニュアンスが特徴的です。

ピック トライアングル型 GRECO / MEDIUM パール(廃盤) 周波数特性

素材:セルロイド

カラー:パール

厚さ:0.8mm

中心周波数:600Hz

ひっかかり:37回目

特記事項: 高耐久だが限界を超えると一気に安定感が無くなる

削リンピック まとめ

削リンピック タフさ5段階評価
タフさ5段階評価(下にいくほどタフ)

・耐久性はAria Pro II HYPER TOUCH がダントツで金メダル🥇

体積の大きさと耐久性は必ずしも一致しない

ひっかかり始めが30回以上の銘柄は高耐久性

・ピックスクラッチは銘柄によりサウンドが激変

 →宅録はピックスクラッチ専用ピックを用意するのもアリ

削リンピック まとめ

🏃💨今すぐピック探しの旅に出る💖


👑「他のピック関連の記事も読ませて💖」