Amazon 激安パーツチャレンジ 失敗まとめ1

2021年7月23日パーツ,Amazon,激安パーツ情報

Amazon.co.jp ほしい物ランキング_ エレキギターパーツ で、ほしい物リストとレジストリに最も多く追加された商品
Amazon 激安パーツチャレンジ 失敗まとめ1

👆 Amazon 激安パーツチャレンジ 失敗

目次

Amazon 激安パーツ 失敗談

Amazonで楽器パーツを漁っていると、稀に得体の知れない部品がお勧めに浮上します。そういった部品は商品名が異様に長く、香ばしい日本語説明が目につくのがお約束です。しかしながら価格が非常安価で、実物を見たくなる気持ちも否定できません。寸法が明記されていなくとも、安いからOKの精神で購入するケースも多々あると思います。

ギャンブル要素が強いため、経験上大当たりするパーツは極稀です。大半は価格相当の仕上がりですが、運が悪い時は全く使えない部品の場合もあります。今回は管理人がAmazonで購入した部品のうち、大ハズレだった商品をご紹介です。購入元やブランド・商品リンク等は掲載しませんので、失敗体験談程度にご覧くださいませ。

1.サドルが正常稼働しないTOM

TOM系のブリッジを探していた際に、500円未満という破格のパーツに遭遇しました。商品写真を見る限りABR-1タイプですが、肝心の商品説明がほとんどなされていません。説明欄に記載されていた文言は、『金仕上げ』『入り数1』のみとなっています。寸法等は画像に掲載されていたため、サイズが合えば良いか程度の気持ちで購入です。

サドルが正常稼働しないTOM

届いたパーツを確認してみると、寸法やメッキの仕上がりは全く問題無しでした。ところがオクターブ用ネジが何本か固着しており、サドルが微動だにしません。どうやらネジ切が適切ではないらしく、おまけにサドル位置が最端となっています。仕方ないのでサドルを交換しようとしましたが、サドルのサイズが特殊です。

サドルが正常稼働しないTOM アップ
微動だにしない上サドルサイズが特殊

GOTOH製と比較するとネジ長が短く、サドルの足も長いため適合品がありません。結局使えなかったため、部屋を換気をする際に書類用の文鎮として使っています。

2.弦高が不適切なローラーサドル

続いては同じくTOM系のブリッジですが、こちらはローラーサドルタイプです。価格は千円台前半と手頃で、寸法等はNASHVILLEラージポストタイプ準拠でした。総合的にデザインが良く、クロームカラーのローラーもインパクトがあります。大手ブランドではローラーサドル型が少ないため、購入を即決です。

弦高が不適切なローラーサドル
ルックス的な仕上がりは上々なのに……

実物は商品写真以上にメッキの仕上がりが良く、大当たりを確信していました。ですが実際に取り付けてみると、何故か2弦だけが異様にビビります。チューニングの安定感が全く無く、弦高も0.3mm程高くなってしまうのです。サドルを良く見てみると、2弦サドルに3弦用の高さのサドルが搭載されています。

弦高が不適切なローラーサドル アップ
2弦に3弦用サドル誤搭載で浮いた状態

通常このタイプは、1,6弦/2,5弦/3,4弦の弦高がアーチ状に揃う設計です。3弦用を2弦に装着した場合、高さが合わずにグラ付きが発生してしまいます。おまけにネジを外せない構造のため、サドルを交換する事も不可能です。外観がとても良いだけに、非常に惜しいと感じるパーツでした。

3.全然FENDER適合ではないネックプレート

最後に紹介するのはネックプレートで、FENDER準拠である旨が記載されています。しかし案の定寸法等は記載がなく、商品写真も正面から映した画像1枚のみです。FENDER準拠といえば、大半の人は取付けピッチ38×51(mm)を想像すると思います。または少し幅広となる、39×52(mm)タイプのいずれかでしょうか。

👆 例:ALLPARTSのFENDER準拠品寸法

FENDER製以外のST&TLタイプも、4点止めは概ね上記取付けピッチが主流です。加えてFENDER準拠と記載があれば、寸法の記載が無くとも疑わないと思います。(ちなみに、FENDER本家も商品サイズを公表した販売は行っていません)ST&TLタイプを組上げる際は必須となる部品なので、楽器いじりに欠かせませんね。

全然FENDER適合ではないネックプレート
純正より小型過ぎる&ネジ穴デカ過ぎ

ところがどっこい、実際に届いた商品はFEDER準拠とは言い難いパーツでした。プレートサイズが一回り以上小さく、取付けピッチもかなり間隔が狭いのです。

全然FENDER適合ではないネックプレート FENDER純正と重ねた図
FENDER純正と重ねてみた図

実測してみたところ、取付けピッチは31×49(mm)となっています。そもそも商品写真と実物を見比べてみると、どう考えても別物です。穴の開いていないボディには使えますが、FENDER製ボディには使用出来ません!

Amazon 激安パーツ 失敗談 反省室

・安いものには大体安いだけの理由がある

・寸法や外観が良くても機能性が著しく低い場合がある

・寸法記載の無い〇〇準拠、××適合の売り文句はアテにならない

・一応使えない部品でも文鎮代わり程度にはなる

……このように、激安パーツの中には粗悪品も大量に出回っています。当たり外れを楽しむ余裕があれば別ですが、コストカット用途には不向きです。サポート対応も期待出来ないため、基本的には泣き寝入りする事になります。Amazon激安パーツチャレンジは、ほどほどに楽しむように心がけましょう。

管理人は挑戦し続けるけどね!!!

🏃💨Amazonで売れ筋パーツを探す💖

👑「他のまとめも見せて💖」