Amazon 激安ピックアップ 調査第7回 Yibuy インベーダーハムバッカー

2021年6月4日パーツ,Amazon,ピックアップ,激安パーツ情報,激安ピックアップ,Yibuy,ハムバッカー

👆 Yibuy インベーダーハムバッカー 1ペア 赤と黒

目次

Yibuy インベーダーハムバッカー (直球)

Amazonで漁れる激安ピックアップ第7弾は、Yibuyのハムバッカーセットです。リアとフロントがセットの商品にも関わらず、驚くほどの低価格で販売されています。安いのは良いのですが、気になるのはそのものズバリ過ぎる見た目と名前です。

Yibuy インベーダーハムバッカー 1ペア 赤と黒 インベーダーハムバッカー 二重コイル セラミックマグネット 高出力

真っ先に目に飛び込んで来るのは、印象的なオキサイド・ポールピースだと思います。そしてトドメを刺すのが、『インベーダーハムバッカー』というネーミングです。つまり本機は、SEYMOUR DUNCAN SH-8 Invaderをモロにパロった代物となっています。

見た目は似ているけれども……? Yibuy インベーダーハムバッカー

写真で見る限り見た目は酷似していますが、細部の仕上がりや音色は未知数です。本家SH-8の魅力は、オーバーワウンドによる超高出力なハードドライブに尽きます。ダンカン最強のローエンドを誇る、まさに『ヘヴィーサウンドモンスター』です。

👆 SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / SH-8b Invader Bridge

果たして2千円でお釣りが来る機種に、そのパワーを再現する事が可能なのでしょうか。実際にYibuyインベーダーを入手し、2ハム仕様のストラトに搭載してみました。主観的な感想と客観的データを交えつつ、細部までチェックしていきます。

Yibuy インベーダーハムバッカー 開封の儀

Yibuyの商品はプライム配送対応が多く、本ピックアップもお急ぎ配送対応でした。(2021年6月2日確認時点)パッケージはYibuy共通で使われているロゴ入りの箱で、2個まとめて同梱です。

Yibuy インベーダーハムバッカー 外箱
Yibuy インベーダーハムバッカー 内部梱包

一応気泡緩衝材入りですが、マグネット同士がくっついた状態となっています。付属品はスクリューとスプリングで、別途小袋に同梱されていました。

外観は安っぽさが否めず

写真では厚手の樹脂に見えましたが、実物はかなり薄手のボビンです。ナイロン系の樹脂が使用されており、薄っすらと透けているように見えます。ディマジオのようなボビンを想像していると、少しガッカリするかもしれません。オキサイド・ポールピースの仕上がりも雑で、斜めになっている個体もありました。

Yibuy インベーダーハムバッカー 表面
Yibuy インベーダーハムバッカー 裏面

ポールピースのネジ切りが正しくないようで、ネジの首下が水平にならないのです。仕方がないのでネジは全て最奥までねじ込み、ポッティングで強制的に固定しています。裏面には刻印等が無いため、外観からリア用かフロント用か区別するのが難しいです。予めポールピースピッチを測り、ワイヤーの色で識別出来るようにしておきましょう。

抵抗値は若干仕様と異なる

仕様書の抵抗値はリアが15±0.5kΩ、フロントは7.2±0.3kΩと記載されています。実測してみたところリアは14.48kΩ、タップで7.36kΩでした。フロント側は記載よりやや高く9.00kΩで、タップ時は4.54kΩです。

Yibuy インベーダーハムバッカー リア
リア用
Yibuy インベーダーハムバッカー フロント
フロント用

誤差範囲を考慮しても、いずれも仕様書とは異なる抵抗値となっています。特にフロントは誤差が大きく、その分出力も強くなっているかもしれません。Amazonで流通するピックアップでは良くある事なので、気にしないようにしましょう。

取り付け前にポッティング実施

先にも記載している通り、取り付けの前にポッティングを実施しました。ハウリング対策の側面もありますが、ポールピースの固定がメインです。ネジ切が少し雑なので、レンチを回してもポールピースが空回りします。接着する訳にもいかないため、パラフィンワックスで強制的に固定です。

ポッティングの作業風景は、別記事にまとめてあるのでぜひご覧ください。

Yibuy インベーダーハムバッカー 搭載!

ピックアップを取り付けたのは、 別の記事で紹介したPLAYTECH ST250SSH です。フラットな周波数特性を計測できるように、数か所部品を交換しています。ピックガードも新調し、こちらも 別記事で取り上げた2H仕様 を装着です。

PLAYTECH ST250 + Yibuy インベーダーハムバッカー

配線は3wayセレクターを用いて、2V1T仕様に変更しました。ボリュームはスイッチポットを使用し、コイルタップに対応しています。少し特殊なレイアウトですが、2ハム計測用には大変便利な構成です。ハムバッカーの音をチェックしつつ、タップモードの音も調べていきます。

音色はSH-8よりも高音が伸びない印象

本家SH-8のトーンチャートは、ブリッジ用がTreble4、Middle8、Bass7です。ネック用はTreble5、Middle8、Bass6と、ローエンドが強烈となっています。本機も中域にピークを置いているのは同等ですが、高音域が伸びない印象です。特に高音域のサスティーンが独特で、コンプレッションが強くなっています。

Yibuy インベーダーハムバッカー ブリッジマウント

ブリッジ用はクセがあるものの、アンプで歪ませた際の飽和感は良好です。深く歪ませたブリッジミュートなど、ゾンゾンした響きに中毒性があります。ネック用は一層高音域がカットされ、ローの出方が強すぎる位ですね。バランスが少し悪く、下半身太りした音色に感じる方もいるかもしれません。

タップは標準でセンター側

Yibuy インベーダーハムバッカー コイルタップ

4コンダクター仕様につき、本機はコイルタップに対応です。しかし商品画像の通りの向きに設置すると、センター側がタップされます。コイルの色でいうと、赤い側のコイルが出力される状態となる点に注意です。この仕様が苦手な場合は、取付時に上下反転して取り付けると良いでしょう。

周波数特性

最後に周波数特性を計測して、客観的かつ視覚的に音のデータを確認していきましょう。

表の周波数の目安

(左から順に)
 赤線:100Hz,200Hz
 橙線:400Hz,800Hz
 黄線:2000Hz,3000Hz,6000Hz

偏った特性だがミッドレンジは優秀

波形で見てみると、かなりローエンドに偏った特性である事が分かります。やはりSH-8を強く意識してか、ミッドレンジにピークがある設計ですね。ただし全体的な調和が取れていないため、サウンドメイクが難しくなっています。

ハムバッカーモード

Yibuy インベーダーハムバッカー リア周波数特性
リア ハムバッカーモード
Yibuy インベーダーハムバッカー フロント周波数特性
フロント ハムバッカーモード

SH-8と比較すると、ブリッジはTreble3、Middle6、Bass6といった所でしょうか。ネック側はTreble2、Middle6、Bass8と、極端な音の重心は好みが分かれるハズです。

シングルコイルモード

Yibuy インベーダーハムバッカー リアコイルタップ周波数特性
リア シングルコイルモード
Yibuy インベーダーハムバッカー フロントコイルタップ周波数特性
フロント シングルコイルモード

コイルタップするとバランスが良くなり、Trebleが+3された感じでまとまります。とても良い塩梅のトーンなので、本機はタップを積極的に活用すると楽しいですね。

総評

インベーダーを狙っている考えは伺えますが、音はSH-8とは別物となっています。SH-8の個性を極端にチューニングした音色なので、レンジはかなり狭いです。高域の弱さを補うために、コイルタップを織り交ぜた使用法が求められます。

Yibuy インベーダーハムバッカー 正面

パワーは強く歪みも深いので、アンプとの相性によって大化けする可能性もアリです。変わり種でオンリーワンの音色を狙うならば、試す価値は十分あると思います!

Yibuy shiptime is 8-16days

https://www.amazon.co.jp/s?me=A1MTSCUFMMCW3L

🏃💨Amazonで Yibuy インベーダーハムバッカー を詳しく見る💖

👑「どれ、他の激安パーツ情報も仕入れとくかの💖」