GOTOH SP&PSP トレモロスプリングの違い教えて💖

2021年7月5日パーツ,ブリッジ,GOTOH,トレモロブリッジ,トレモロスプリング,スプリング,SP,PSP


GOTOH SP&PSP トレモロスプリングの違い教えて サムネイル

目次

GOTOH SP&PSP 良コスパ高性能トレモロスプリング!

ふとした時に確認すると、ヘタっている場合があるのがトレモロスプリングです。ブリッジをボディ裏面から支えるスプリングは、使用に伴い消耗していきます。長期間使い込んでいると、張力が弱ってフローティングの精度が低下です。安定感がなくなり、アーミングでチューニングが狂いやすくなってしまいます。

劣化したスプリング

音質面でも古いスプリングはハリが無く、シャギーな倍音を生成する傾向です。最近ギターの音に元気が無いという場合は、スプリングを交換してみましょう。振動ロスの少ない新品のスプリングで、音も性能も良い結果を招く事が多いと思います。

トレモロスプリングは意外と取り扱いメーカーが多く、色々な種類の中から選択可能です。材質や張力、耐久性強化コーティングなど、趣向を凝らした製品が多数発表されています。

その中でも安価で入手可能な大手メーカー製スプリングは、なんといってもGOTOHです。GOTOHからは2種の保守スプリングが発表されており、SPとPSPから選べます。

GOTOH SP&PSP 何が違うの?

SPは標準的な性能を有する国産スプリングで、様々なトレモロブリッジに適合です。国産機に採用される場合も多く、気づかぬ内に使用している人もいるかもしれません。PSPはブラック仕上げの国産スプリングで、主に張力がSPよりも強化されています。この2機種に価格差はほとんどありませんが、PSPの方がやや割高で流通です。

スプリングビギナーは、まずこの安価な2種から交換を検討すると良いと思います。ここで気になるのが、SPとPSPを比較した場合の性能や音質面の違いについてです。間接的に音色に関わるパーツにつき、外観から音色を判別するのは困難を極めます。今回はこれら2種の違いについて、音質面の違いを計測してみました。

極端に大きな差がある訳ではないのですが、サウンドチューニングにも活用可能です。他のスプリングよりも手軽に試せるので、ぜひ楽器いじりの参考にしてくださいませ。

性能面の違いについて

GOTOH SP

SPは標準指定のスプリングですが、古くからその精度の高さに定評があります。安価とは言え性能が低い訳ではなく、エントリー機のパワーアップには最適です。PSPはSPの張力を強化した銘柄で、一般的に言う所のパワースプリングとなっています。データ上は張力がSPの1.5倍となっており、より安定した性能と精度を実現です。

GOTOH PSP

いずれも張力は3本掛けで安定する程度には強いため、3本セットで販売されています。寸法や太さ等も同じ設計ですが、重量はSPの方が少しだけ重めです。

GOTOH SP 重量
GOTOH PSP 重量

次の項からは比較対象となるスプリングを元に、2種の音質を確認していきます。

音質面の違いについて

スプリング音質の比較対象として、Wilkinsonのおまけスプリングを用意しました。このスプリングはmシリーズ等の付属品で、5本組でも別途販売されているパーツです。硬さ、安定性、音質、あらゆる面で平均的なスプリングなので本品を基準とします。

Wilkinson トレモロスプリング Tremolo Springs フェンダー/スクワイアストラトトレモロユニット用、ニッケル(5本セット)

👆 Wilkinson トレモロスプリング Tremolo Springs ニッケル(5本セット)

Wilkinson 付属スプリングの周波数特性

Wilkinson 付属スプリング

検証は測定結果の安定性を重視するため、ブリッジはベタ付け&ホルダ位置固定です。スプリング本数は3本とし、掛け方は左右にハの字型2本+中央に1本としています。

Wilkinson 付属スプリング 周波数特性

Wilkinsonのスプリングは先の通り目立った特性が無く、平坦な波形を形成です。ただし別段周波数が減衰する帯域も無いため、バランスが良いと見る事も出来ます。

GOTOH SP の周波数特性

GOTOH SP

続いてSPに交換してみると、全体的な周波数特性の強化が確認出来ました。最大出力も若干ですが向上している模様で、Wilkinson製よりも+1dB増幅です。サウンド面でも明るく抜けの良さが実感出来る反面、倍音に落ち着きがありません。

GOTOH SP の周波数特性

荒っぽい元気さがあるというか、新品弦のようなギラっとしたパワーを感じます。アーミング性能はWilkinson製よりもアクションしやすく、安定感もかなり高いです。フローティング位置に戻る際に、手に吸い付くような従順性を備えています。

※あくまでWilkinsonと比較しての話

GOTOH PSP の周波数特性

GOTOH PSP

パワースプリングという名称を聞いた時、大半の人は音質面の強化を想像するハズです。ところが実際は振動ロスが減るため、標準スプリングより控えめな波形に変化します。しかし最大出力はSPと同じく+1dB増幅されており、音の輪郭が非常に分かりやすいです。

GOTOH PSP 周波数特性

振動ロス減少で無駄な倍音が抑制され、フレットラップ的効果を生むのだと思います。アーミング性能はSP以上に安定感が凄まじく、『自動で戻る』ような印象ですね。変に揺れたり振動する事もなく、ブリッジ重量が増えたような錯覚すら感じます。

GOTOH SP&PSP まとめ

GOTOH SP&PSP トレモロスプリング

SPもPSPも普遍的スプリングより出力が高い

SPは全周波数特性が増幅されて倍音もギラっとする傾向

PSPは全周波数特性が若干減衰する半面無駄な倍音がスッキリ消える

アーミングはSPでも安定感抜群だがPSPはそれ以上に安定する

🏃💨 GOTOH SP&PSPを漁る 💖

👑「他のスプリング関連記事も見せて💖」