[SJB-2] Seymour Duncan Hot Jazz Bass 唸るローエンド💖

2021年9月5日ベース,ピックアップ,Seymour Duncan,ベースピックアップ,Hot Jazz Bass,SJB-2,SJB-2b,SJB-2n


👆 Seymour Duncan Hot Jazz Bass SJB-2b

目次

👑「定期散財巡回コース💖」


Amazon.co.jp ほしい物ランキング_ ベースパーツ で、ほしい物リストとレジストリに最も多く追加された商品
Yahoo!ショッピング - PayPayボーナスがもらえる!ネット通販
【楽天市場】勝ったら倍キャンペーン!楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナをみんなで応援しよう

Seymour Duncan Hot Jazz Bass SJB-2 充実のローエンド!

Seymour Duncan Hot Jazz Bass SJB-2 / Seymour Duncan SJB-2b Hot セイモア ダンカン ジャズベース ピックアップ ブリッジ リア用 ◆並行輸入品◆

Hot Jazz Bass SJB-2は古典的なJBトーンを踏襲しつつ、中音域を強化したモデルです。ミッドレンジが余裕のあるローエンドを実現し、太く暖かなトーンを繰り出します。外観はSJB-1 Vintageとほぼ同一ですが、コイルアレンジがパワー重視の傾向です。ミッドレンジだけでなく出力も高めで、攻撃的なロックサウンドにも柔軟に対応します。

ブリッジ&ネックセットでノイズキャンセル!

本モデルはブリッジ用とネック用が用意されており、基本のトーンチャートは共通です。ブリッジ用のSJB-2bは、弦振動の少なさに配慮されたキャリブレート品となっています。ネック用のSJB-2nは出力が僅かに抑え気味で、ブリッジに対して逆巻きかつ逆磁極です。SJB-2bとSJB-2nをセットで使うことで、ミックス時にノイズキャンセルが可能となります。

American Standard Jazz Bassの交換用PUとして、本品が筆頭に挙がる事も多いです。サウンドの肝となる中音域が強いため、アンサンブルでも音抜けの良さを実感出来ます。今回はSJB-2bをブリッジにマウントして、周波数特性のデータを計測しました。パッシブベースのローミッドを強化したい方は、ぜひ購入前の参考にご活用ください!

Seymour Duncan Hot Jazz Bass SJB-2 周波数特性

出力レベルはミディアムランクの本品ですが、DI直でも一定の力感を発揮です。ライン録りではローエンドの厚みが増し、猛獣の唸り声のような低音を繰り出します。それぞれの音は周波数的な変化が大きいため、2通りのサウンドデータを計測です。最初にDI直の音をチェックし、続いてアンプのラインアウトの音を紹介していきます。

公表データの確認

SEYMOUR DUNCAN _ ベース用ピックアップ 通販|サウンドハウス

周波数特性を見る前に、SJB-2のメーカー公表データやトーンチャートを掲載です。SJB-2bもSJB-2nも、トーンチャートは下記の通りで同一となっています。ただし直流抵抗値や出力など、一部のパラメータの設計が僅かに異なる模様です。下記表はSJB-2bを基準にしているので、SJB-2nの値はカッコ内に表記しています。

マグネット:アルニコ5

直流抵抗値:16.6kΩ (16.3kΩ)

アウトプットタイプ:Medium

出 力:8 (7.4) / 低音域:4 / 中音域:6 / 高音域:4

レゾナントピーク:3.8kHz

※SJB-2nはRW/RP(逆巻き/逆磁極)

波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz  
橙線:400Hz,800Hz  
桃線:2kHz,3kHz,6kHz

DI直

SJB-1やSJB-3などの波形は、ミッドレンジに大きな谷が形成されるのが特徴です。例えばSJB-3では1.2kHzが極端に弱く、独自のパキっとした音色を奏でます。SJB-2は中音域の谷がかなり緩やかで、800~3kHz付近にムラがありません。

Seymour Duncan Hot Jazz Bass SJB-2b DI直 周波数特性

そのため基本的な音色が暖かで、聴覚的にもモコっとした音色を体感出来ます。波形の山は100Hzに集中しているのに加えて、100Hz以下の重低音も迫力十分です。3kHz以降は高音域4の設定通り控えめですが、倍音自体は綺麗に揃っています。

アンプラインアウト

Seymour Duncan Hot Jazz Bass SJB-2b アンプラインアウト 周波数特性

聴覚的にはミッドが強い印象でしたが、実測ではローエンドに波形が集中です。むしろミッドはほとんど出ておらず、ローがミッドを引っ張っている模様でした。しかしライン録りでも1.2kHz付近が強く、個性的なアクセントとなっています。スラップではミッドハイが爆発し、ピックでもコリっとしたニュアンスを再現可能です。

Seymour Duncan Hot Jazz Bass SJB-2 まとめ

低音域4、中音域6、高音域4という設定ですが、計測結果では低音域が6以上出ています。反して中音域は全体的に6以下ですが、1.2kHz付近のみ6相当のパワーを計測しました。それでも耳には中音域6の音に聞こえるという、かなりテクニカルなチューニングです。アンプの設定が重要になるため、必要以上に低音域は上げない方が良いかもしれません。

Seymour Duncan Hot Jazz Bass SJB-2 まとめ

重く唸るような低音が魅力的で、芯の太いサウンドはロック全般に向いています。ローエンドの輪郭が分かりやすいので、エフェクターの効果も際立つ印象です。フラットにアンプを設定すると、積極的にエフェクターで音作りが楽しめます!

🏃💨 Seymour Duncan Hot Jazz Bass SJB-2 をゲッツ👉👉


SJB-2b (ブリッジ用)

SJB-2n (ネック用)

👑「他のダンカンベースPUのデータもおせーて💖」