【極太】 SEYMOUR DUNCAN STHR-1b 最強ブリブリサウンドを解析💖

ピックアップ,ハムバッカー,シングルサイズハムバッカー,Seymour Duncan,STHR-1b,Hot Rails Tele

👆 SEYMOUR DUNCAN STHR-1b Hot Rails Tele Bridge

目次

SEYMOUR DUNCAN STHR-1b はダンカン最強ミッド!

先日はダンカンのテレキャス用シングルでは、最強出力のSTR-3を紹介しました。同じくTLタイプハムバッカーの中で、最も出力が高いのがHot Rails Teleです。テレキャスモデルとしては珍しく、バーポールピースを搭載しています。ツインブレード仕様として、見た目のインパクトがかなり強いのが特徴です。

SEYMOUR DUNCAN STHR-1b Hot Rails Tele Bridge 1

ゴツイ見た目の通りコイルターン数が多く、サスティーンも芳醇となっています。トーンチューニングも超極端で、ミッドレンジ全振りの仕様が凄まじいです。そのサウンドは骨太を通り越し、最早『骨そのもの』なパワーを誇ります。テレキャスでもパワフルな中音域を再生可能で、音はガチめにブリブリです。

SEYMOUR DUNCAN STHR-1b Hot Rails Tele Bridge 2

ほとんどテレキャスの音ではなく、LPのようなぶっとい轟音を奏でてくれます。バーポーポールピースの恩恵も大きく、デッドポイントが極めて少ない設計です。チョーキングをしても音がブレる事無く、途切れ無いサスティーンを再現します。

4コンダクターワイヤーでコイルタップ対応!

Hot Rails Teleの型番はブリッジ用がSTHR-1bで、ネック用がSTHR-1nです。いずれのモデルも4コンダクターワイヤー採用で、コイルタップに対応します。タップサウンドは太さが若干控えめになる分、高音域が少し明るく変化です。ハムモードよりも出力が落ち着くため、通常のシングルコイル感覚で使用出来ます。

今回はブリッジ用のSTHR-1bを例に、歪み度合いによる周波数特性のデータを掲載です。『太過ぎるくらい太い音』が出るモデルにつき、ぜひ購入の参考に役立ててください!


SEYMOUR DUNCAN STHR-1b 周波数特性

それでは実際に本モデルをリアにマウントし、周波数特性を計測していきます。GAINの深さによるトーンの変化を見るため、データは3段階の歪みで計測しました。クリーン、オーバードライブ、ディストーションと、歪みの深さ別にチェックです。

公表データの確認

周波数特性を見る前に、メーカー公式のトーンチャートを確認します。STHR-1bはかなり極端な特性で、ダンカンでも希少なミッドレンジ9の設定です。ミッド9の機種はアクティブのAHB-2bの他、Black Winterのみとなっています。出力もテレタイプでは際立って高く、中音域に関しては文句無しにダンカン最強です。

マグネット:セラミック

直流抵抗値:16.0kΩ

アウトプットタイプ:ハイアウトプット

出 力:7 / 低音域:5 / 中音域:9 / 高音域:4

波形の周波数目安(左から順に)

赤線:100Hz,200Hz 
橙線:400Hz,800Hz 
黄線:2kHz,3kHz,6kHz

クリーントーン

まずは歪まないように設定した、クリーントーンでの波形を見ていきましょう。通常テレキャスターは高音域の周波数特性が強く、中音域はかなり控えめとなります。波形が谷型になることが多いため、その形状を見ただけでテレキャスと判断可能です。ところがSTHR-1bは800~2kHz前後にかけ、テレキャスらしからぬ波形を計測します。

SEYMOUR DUNCAN STHR-1b クリーン 周波数特性

高音域もかなり絞られており、中音域につられて低音域もかなり増幅です。低~中音域に関しては、音がブリブリになるほど図太い音色を奏でてくれます。ピッキングニュアンスもピーキーで、強めに弾くだけでも僅かに歪むほどです。テレキャス特有のジャキっとした音色とは、ほぼ対極にあるトーンが響きます。

オーバードライブ

歪みを強くすると若干中音域が控えめになり、飽和感の強いトーンに変貌です。高音域も少し明るめになるため、抜けの良いリードサウンドを体感出来ます。しかし低音域の硬さが全面に出るので、軽めの歪みは作成不可能です。どのようなセッティングでも、ネックポジションのような音色となります。

SEYMOUR DUNCAN STHR-1b オーバードライブ 周波数特性

パワーコードなどは粒が太くなり過ぎるため、やや相性が悪いかもしれません。歪み質が硬くともサスティーンは伸びやかで、ロングトーンは絶品です。バーポールピースと相まって、チョーキングを織り交ぜたプレイに向きます。

ディストーション

GAINを限界近くまで上げると、クランチの音が風船のように膨張です。実にホットなトーンで、2kHz前後の高音域寄りミッドがふくよかになります。飽和感も更に強くなり、サスティーンもこれでもかというほどにロングです。音は全面的にブリンブリンしており、立体的に聞こえる存在感を備えています。

SEYMOUR DUNCAN STHR-1b ディストーション 周波数特性

クリーンやODに比較すると、アタック時の高音域がクリスピーです。10kHz付近がブーストされ、幾分テレキャスらしい鋭さを取り戻しています。コンプレッション感もありますが、やはりネックポジションのような音色です。和音は主張が強すぎるため、オーバードライブ同様にパワーコード等は向きません。

SEYMOUR DUNCAN STHR-1b まとめ

SeymourDuncan PU セイモアダンカン ギター用 ピックアップ STHR-1b BLK (ブリッジポジション用) 【国内正規品】

テレキャスのブリッジ側の音と思えぬ、強烈なミッドレンジが暴力的に暴れます。どのポジションでも音の芯があり過ぎる程で、サスティーンも強力無比です。直進性の強いミッドレンジは、歪ませるほどに飽和感が膨らんでいきます。とにかくテレキャスの音を太くしたいならば、交換候補筆頭のピックアップです!

🏃💨 SEYMOUR DUNCAN STHR-1b を探す💖

👑「他のダンカンPUのデータも見せて💖」